コラム

2018年9月11日 (火)

上方銀花 バースデー週間

上方銀花バースデー週間




8月28日・・・麻衣さんのお誕生日

9月8日・・・上方銀花のお母さんのお誕生日

9月11日・・・上方銀花のお誕生日

9月12日・・・順子さんのお誕生日

そして、スタッフの1人も
8日が誕生日だったので、
なんと、上方銀花は乙女座ばかりです。






また、上方銀花のお母さんは、今年で90歳。
太陽のように皆を明るく照らしてくれる存在です。
いつも感謝の気持ちで一杯です。
どうか、いつまでもお元気でいてくださいね。




32周年
今年も多くの方々にお祝いをして頂きました。
有難うございます。
皆様方の支えがあり今日がございます。

これからも、喜んでもらえますよう
どうか末永くお付き合い頂けましたら幸いです。

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

上方銀花 立礼式 お茶会

先日は、毎月恒例の
「上方銀花 立礼式 お茶会」でございました。







今回は、梅雨の季節を先取りで
ゆりこ庵・お手製の「紫陽花」を
イメージされた練切





小谷栄次先生の器に乗せて…
潤いを感じる主菓子になりました。




杉本貞光先生の平茶盌でお抹茶を点てて




そして、尺八も演奏してくださいました






お着物をお召しくださる方も増え
徐々に上方銀花らしいお茶会をさせて頂いております。
私共にとって、毎月のお茶会を通して
お客様との繋がりを大切にしたいと貴重な時間を頂戴し
更に強く感じる素敵な機会となりました。




何よりも、沢山のお客様がご参加くださり
回を重ねるごとに楽しみにしてくださっているのが
私共にとって嬉しい限りです。
来月も、お茶会を開催致しますので
ぜひ、多くの方にご参会頂けましたら幸いです。

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

上方銀花 立礼式 お茶会2018③







昨日は、毎月恒例「上方銀花のお茶会」
沢山のお客様がご参加くださいました。




お茶菓子は、
ゆりこ庵のお手製の練切
青々と実る「新緑」です。







今回は、菱田賢治先生の個展中ということもあり
菱田先生のご厚意で、
ご参加くださったお客様にお好きなお茶碗を選んで頂き
お茶の世界を愉しんで頂く特別企画。





菱田先生のお茶碗は、抹茶のお色が映えて
とても点てやすいものばかり。
皆様も、目をキラキラさせて
どのお茶碗で点ててもらおうかと
お茶碗を選ぶところから楽しんでくださり
いつもとは少し違った贅沢なお茶会となりました。




また、回を重ねるごとに
お着物をお召しになられてご参加くださる方も
増えて参りました。
ご参加くださいました方の帯は
誉田屋源兵衛「蜂」の可愛らしい帯を締めておられました。




このお茶会を通してお茶の世界だけでなく
お着物との触れ合うきっかけとして
上方銀花が少しでも
皆様に、着物をお召し頂ける機会を
お作り出来ればと思っております。


来月は、5月27日(日)を予定しておりますので
次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

山本淳平 作品展〜いきものがたり〜

現在開催中の
「山本淳平 作品展〜いきものがたり〜」





今回の大作の1つ
「大地の旅」は、象に乗りながら
動物たちが住処を探して旅をする様子を
作品にしたのだそうです。

象の上には、沢山の動物と人が乗り
移動中も困らないように
森まで背負っての大移動です。







動物たちがギュウギュウに乗っている間に
かくれんぼをしているような鼠もいたり
360度、楽しめる大作です。






どの動物達にも、物語があり
どれ一つとっても同じものはございません。


作品を見ながら、そこにある物語を聞くと
作り出された山本淳平先生らしい
温かみある世界観を感じます。

どれも、じっくりと味わう事の出来る魅力は
山本淳平先生が、物語の構想を練り、
作っていくうちにその日その日の気分や、
季節等によって変化してゆく
時間の流れが関係しているからではないでしょうか。



その為に、構想を練っていても
それ通りになることは、あまりないそうです。
瞬間の気持ちを大切に、作品には
生命を吹き込んでおられます。





| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

「本家 船はしや」の豆板




京都にある
「本家 船はしや」の豆板




可愛らしい六角千代箱に入った
豆入りの砂糖菓子です。
優しい甘さで、素朴な味がたまらない
昔ながらの豆板は、
お茶菓子にピッタリ。



スタッフの至福のひと時に
松崎融先生の豆皿に乗せて
皆で美味しく頂戴致しました。
懐かしい味が心地よいのが
なんとも幸せな気分にさせてくれます。


いつもお心遣い、有難うございます。

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

上方銀花 立礼式 お茶会2018②






昨日は、毎月恒例となりました
上方銀花のお茶会でした。

お茶会を始めてから、丸1年が経ち
試行錯誤から始まった上方銀花のお茶会も
少しずつ、お客様方にも広まり定着しつつあります。




お茶菓子は、
ゆりこ庵のお手製の練切「ひなまつり」




今回は、尺八奏者の方ににも参加して頂きました。
奥州(東北)の曲を奏でてくださり、地面から音がするような
重厚感のある音色が、あかり展の空間と相成って
いつもと違った楽しいお茶会になりました。
皆様、ご参加くださり有難うございました。





そして、今回は「おしどり」の図案の
お着物を着て、お点前をさせて頂きました。
爽やかなブルーのお着物に、オレンジ色の袋帯は
オーナーが何十年も前に着ておられたものなんです。
それを2代目が、譲り受けました。
お着物は、どんなに年月が経っても
次世代に譲ることが出来る事が素晴らしいと思います。



こうして、お茶会を通して御出席くださった方に
少しでもお着物にも興味を持ってくださることを願って
これからも、上方銀花のお茶会を多くの方に知ってもらえるよう努力してまいりますので、また来月もご参加くださいますのを心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

松﨑融 お茶道具










そして、松﨑先生が作られた
朱漆・黒漆のお茶椀で点てたお抹茶は
木なので持った時の温かさや
まろやかで優しい口当たりに
陶器とは、また違った柔らかい感触でございました。



お茶道具を松﨑先生の作品で揃えられると
また一味違ったお茶をお愉しみ頂けると思います。




【松﨑融 木工展‐ことほぎの赤‐】は
明日22日(月)までの開催となりますので
ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

上方銀花 立礼式・お茶会2018 ①







本日は、2018年新年明けて初めての
上方銀花「立礼式・お茶会」を致しました。



上方銀花での立礼式のお茶会は
松﨑融先生が作ってくださった「塗分棚」から
「これでお茶会をしたら良いよ」という
先生の一言が上方銀花お茶会の始まり。




いつもなら3号店で開催しておりましたが
今回は、松﨑先生の個展中に
開催することになりましたので
お茶会用に設えを整え、ハッとするような
緊張感もありながら木の温もりを感じる作品に
囲まれての贅沢な空間のお茶会となりました。






お茶菓子は、お手製の練切「春霞」
春が待ち遠しい可愛らしい練りきりとなりました。
いつもお茶会の度に作ってくださり
毎回、皆様と一緒に美味しく舌鼓を打ちながら
お抹茶を頂きます。







そして、いつも素敵なお客様より
なかなか手に入らないという
宮城県仙台にある「九重本舗玉澤」さんの
「霜ばしら」を頂戴致しました。
今の季節にしか出会えないそうで
見た目も透き通るような白さに美しく
あっという間に口の中で消えて無くなる
優しい口どけで、とても上品な
お茶菓子でございました。
いつも、有難うございます。


本年も、毎月の素敵なひと時を
皆様と過ごしたいと思っております。
次回も、どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

クリスマスケーキ

本日は、クリスマスという事で
ラブリーで素敵なお客様から
可愛らしいケーキを頂きました。



「ヴィタメール」のクリスマスケーキ
ノエル・グラン ショコラです。
チョコレートでコーティングされた上には
鮮やかなツリーが乗っていて
食べるのが勿体ないほどです。
濃厚でビターな味わいが、口いっぱいに広がりました。




そして今年は、なんとスタッフが
チーズケーキを焼いて持ってきてくれました。
ベイクドチーズケーキで、レモンの酸味があり
こちらは、濃厚であり、
爽やかさも感じるチーズケーキで

皆、ペロッと2種類を食べてしまう程
美味しいケーキでした。




他の方からも美味しい贈り物を
頂いたりと、皆様の温かいお気持ちが
嬉しい気持ちでいっぱいでございます。
いつも有難うございます。

| | コメント (0)

2017年12月22日 (金)

矢澤金太郎 別注*小箪笥




矢澤金太郎先生の「別注・小箪笥」を
先日、納品しました。




お着物も収納出来るようにと
奥行きも広めにして頂き
引き出しを3段にする事で
ちょっとした飾り台にもなります。



引き出しの中は桐を使われておりますので
中のお着物や衣類が傷まないという所も
嬉しいポイントですね。

お客様は、組手の美しさから魅了され
長年、矢澤先生の指物家具を
いつか置きたいと夢見ておられたんだとか。
お部屋がいっぺんに魅力的な空間になり
とてもお喜びくださいました。

箪笥としては、コンパクトでありながら、
存在感のある小箪笥は、
和室には勿論のこと洋室にでも合います。



家具で印象がガラリと変わる
楽しいお部屋作りに如何でしょうか。
上方銀花では、常設で矢澤先生の家具を
展示しておりますので、ぜひ実際に
ご高覧くださいませ。

他にも、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧