お知らせ

2017年6月29日 (木)

暮らしの空間

明日より開催致します
「暮らしの空間」展



【家具】指物家具・矢澤金太郎

【額】
額匠・雅土呂 山本雅俊
額師・有吉英

の先生方が作られた作品で
上方銀花には、素敵な空間が作られました。


矢澤金太郎氏は、独自の美しい組手と
力強くて存在感のある家具で、
多くの方を魅了します。
小さな傷や色褪せさえも
家族の幸せな時を刻んだ歴史、
代々受け継がれてゆく
重厚な温かみある家具です。

そして、その周りには
額の匠・山本雅俊氏が作る
絵・鏡・写真・布・紙を
額装した作品が、
矢澤金太郎氏の世界に調和し
居心地の良い空間を演出します。

上方銀花でしか味わえない
「暮らしの空間」を
ぜひご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

国展 第91回

本日より、大阪市立美術館にて
第91回 国展が開催されております。

漆器:松﨑融先生
陶器:川野恭和先生・松形恭知先生・土屋典康先生・阿部眞士先生
染:小島貞二先生・岡本隆志先生など…

上方銀花では、沢山の馴染みの
先生方が出品されております。
16日(金)までの開催ですので、
ぜひ、行かれてみては如何でしょうか。

また、その国展の最終日からは
『川野恭和 白磁展 ~暮らしの用の美~』
を6/16(金)~6/26(月) 開催致します。

上方銀花にとって7年ぶりの個展です。
ギャラリーで愛用している
川野恭和先生のコーヒーカップは
上方銀花の顔であり、
皆様から愛される存在です。

川野先生も張り切ってくださり
沢山の作品を作ってくださいました。
※川野先生は、6/16(金)・17(土)の2日間
ご在廊くださいますので、
こちらも是非ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

本日より通常営業しております





昨日まで長いGW休業を頂戴しておりましたが、
本日より通常営業しております。

今回のゴールデンウィークは、
暑いくらいに天候にも恵まれ
とても青空が美しい日が続きました。

皆様は、充実した休日を
お過ごしになられましたでしょうか。
上方銀花も、ゆったりとした時間を過ごしながら
皆様に「もっと美しいもの」をお届け出来る様にと
次の展覧会に向けて、準備をしておりました。




5月11日(木)~16日(火)の期間は
森暁雄先生の創作活動50周年を記念致しまして
特別企画展を開催致します。

「オートジュエラー森暁雄展 
もっと美しいものを…」


今までの50年間の軌跡を辿りながら
森暁雄先生の代表作から新作までの秀作が
上方銀花に集結します。

初日の11日(木)は、先生を囲みながら
楽しくお話をしながら
パーティーをしようと思っております。
先生は、11日(木)・12日(金)の2日間
御在廊してくださいますので
ぜひ皆様お出かけくださいませね。

※今展の会期はいつもより
短くなっております。
どうかお気を付けくださいませ。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

ゴールデンウィーク休業のお知らせ




春風が心地のいい季節になりました。
いつも上方銀花をお引き立てくださいまして、
有難うございます。


誠に勝手ながら、
4月26日(水)~5月8日(月)の期間は
長いゴールデンウィーク休業を頂戴致します。

5月9日(火)より通常営業致しますので、
今後とも どうぞ宜しくお願い申し上げます。






また、5月11日(木)からは
「オートジュエラー森暁雄 
もっと美しいものを…」を開催致します。
今回は、森暁雄先生の
創作活動50周年を記念して
特別展でございます。

ジュエリーデザイナーとして
大勢の方々を虜にしてこられた50年。
作品は、象牙やべっ甲など
自然素材に、漆・金銀蒔絵や宝石
螺鈿などをあしらった
日本の伝統の技を施すジュエリー。
流行りにとらわれない独自のスタイルは
森暁雄先生にしか生み出せない作品です。



今回の50周年の特別展では
期間は短いですが、森先生の魅力を
存分に感じて頂きたいと思います。
ぜひお楽しみにしてくださいませ。

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

東京の谷中に「Cafe&Bar ぎんか」がオープン致しました




東京の谷中に、上方『銀花』の作家たちの作品が、
集結したカフェが3月30日にオープン致しました。

ここは、上方『銀花』をいつも応援してくださる
パワフルで素敵な東京のお客様が、作られたお店
その名も「Cafe&Bar ぎんか」



お昼は、カフェとして
美味しいランチや、コーヒーとケーキでまったりと
夜は、お酒を飲みながらしっとりと。






矢澤金太郎先生の椅子やテーブルは
居心地のよい空間を演出してくださり





松﨑先生のお皿に乗せたケーキ
川野恭和先生のコーヒーカップ
また、器など
赤地健先生のどんぶり鉢はメイン料理に



階段を上がれば、大川修作先生の
和紙による柔らかな灯りが迎えてくれて




結城美栄子先生の「ビリケンさん」が
笑顔で見守ってくれて・・・




一つ一つが、細やかなこだわり
そして、心の籠った気配りを感じる
素敵なカフェに、私共も大変感動致しました。

愛に溢れた
大江戸「ぎんか」

上方『銀花』の姉妹店のようなカフェです。
ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は
ゆったりと寛ぎに行かれてみては如何でしょうか。


■Cafe&bar ぎんか■

東京都台東区谷中1-2-10 2階
TEL:03-5809-0685

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

中村一虹 オートクチュールニット展

明日より開催致します!





季節を問わず、1年中楽しむ事が出来る
「Doll up」の
オートクチュールのニット。

オートクチュールの仕立ての良さが
ベースとなり、大人の女性の
洗練されたニットを
生み出して来られた中村一虹氏。

着心地と素材の良さは、回を増ごとに
ファンが増え続けております。
中村氏のこだわりが詰まった
エレガントなデザインは
貴女を美しく引き立てます。
フランスの繊細なレースがふんだんに
使われた素敵なニットは、緻密な
手仕事が織りなす日本人の美意識と
パリのエスプリとの融合です。

大切な人に会いに行くために…
自分へのご褒美のために…
ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

松﨑修 木工展




明日より開催します
「松﨑修 木工展」の展示作業が
終わりました。

今回も力作揃いの作品が揃いました。






生まれた時から益子で育ち、
偉大な父・松﨑融氏の背中を
追い続けてきた修氏。

力強く一木から
美しいカタチを刳り抜き、
漆を施された独自の「刳り物」を
作り出される融氏の精神は、
長い修行を経て着実に
修氏へと引き継がれております。

使う人の為に手に馴染み深い形を作り、
漆を何度も塗り重ねることで丈夫に
優しい質感に仕上げて完成された
松﨑修氏の美しい無二の作品は
前回よりも更に
パワーアップしております。

先生は、初日27日(金)〜29日(日)
3日間 ご在廊くださいます。
ぜい、お出でくださいませ。

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

2017年 新年のご挨拶





新年 あけましておめでとうございます。

皆様は、良いお年をお過ごしに
なられましたでしょうか。
上方銀花は、長い年末年始休業を
頂戴しておりましたが
本日より、通常営業致しております。

そして、2017年スタートを
飾ってくださるのは
「中田久美 人形展」でございます。
明日13日(金)より開催致します。
ぜひ、お楽しみに!




本年も笑顔溢れる幸せな年になりますように…
何卒、宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

年末年始休業のお知らせ





本年も、皆様には上方銀花を
ご愛顧くださいまして心より感謝申し上げます。

誠に勝手ながら、
明日12月28日(水)~2017年1月11日(水)の期間
長めの年末年始の休業を頂戴致します。
メール等で頂戴致しましたお問い合わせへのご返信も、申し訳ございませんが、
休業明けとなりますのでご了承くださいませ。

新年は12日(木)より、通常営業致しますので、
どうぞ宜しくお願い致します。



2016年は、アニバーサリーイヤーでした。
上方『銀花』創立30周年
お母様の米寿

この1年は、皆様の温かいお気持ち、そして先生方の熱い気持ちに触れる事が多い年でございました。
上方『銀花』がここまで続けてこれたのは、
皆様が優しく見守ってくださる御支援のお陰です。
本当に有難うございます。


今後も、10年…20年…
今まで以上に素敵な作品を皆様に
ご紹介出来ますよう精進いたします。

先ずは、2017年のスタートを
飾ってくださる中田久美先生の人形展が
1月13日(金)から開催します。
ぜひお楽しみにしてくださいませね。



来年も皆様にとって幸多き年になりますよう・・・
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


まだまだ厳しい寒さが続いておりますが、
皆様くれぐれもお身体大切にお過ごしください。


よいお年をお迎えくださいませ!

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

瀬本容子 美しき金地テンペラ画の世界

岡山県立美術館にて
「瀬本容子 美しき金地テンペラ画の世界」が
12月16日から、開催されております。




――――――――――――――――――――――――
岡山県倉敷市玉島出身の画家・瀬本容子(1930〜)は、
1962年に渡仏した際、煌びやかな中世キリスト教絵画の
装飾的な様式美に魅了されました。そのとき以来、
イコンや初期ルネサンス絵画を範としながら、
金箔を施した下地にラピスラズリやセピアなどの
天然顔料と卵黄を混ぜた絵具で描く金地テンペラ画を
今日まで精力的に作り続けています。
熟練した職人的技術を必要とする古典的絵画技法に
支えられた彼女の作品は、中世キリスト教絵画と
共通する深遠な精神性を醸しつつ、幻想的で愛らしい
モティーフが現代的で軽やかな色彩によって彩られ、
独特な魅力を放っています。
この展覧会では、板やガラス、羊皮紙を支持体とする
金地テンペラ画を中心に約70点を展示することによって、
瀬本容子が半世紀以上にわたって続けてきた
金地テンペラという堅牢な絵画技法を紹介するとともに、
彼女の幻想的で優美な作品世界の魅力に迫ります。
(岡山県立美術館 文章参照)
――――――――――――――――――――――――
美術館では、ゆったりとした
天井の高い空間で美しく飾られた
圧巻の瀬本先生の作品達が待ち受けております。

瀬本先生が、今までに独自の世界を
描き続けてこられた時の流れを
感じることの出来る「幸せ溢れる世界」
来月末までの開催となりますので、
ぜひ皆様も岡山へ遊びに
足を運んでみてください。


【 岡山県立美術館 】
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48
TEL.086-225-4800
http://www.pref.okayama.jp/
■休館:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

※年末年始は、
2016年12月26日(月)~2017年1月4日(水)まで
 全館休館するそうです。
 年始は1月5日(木)より通常どおり開館いたします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧