お知らせ

2019年2月15日 (金)

春の展覧会




本日より開催致しました
「春」
2019年2月15日(金)〜2月25日(月)

春一番が吹き始め、色彩豊かな草花の季節が近づいて
参りました。春といえば、桜、菜の花、または雛人形
どれも温かで季節の訪れを感じさせてくれます。
今展では、田端志音氏の器、中田久美氏の雛人形
久保田唯阿氏の木彫、川村成氏の織物(着物・帯)など
上方銀花の選りすぐり作品を皆様にご紹介いたします。
春うららな上方銀花へ、ぜひお出かけくださいませ。

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

次世代が繋ぐかたち







これからの「未来」へと繋げてゆけますように…
上方銀花 特別企画展
【次世代がつなぐかたち】を明日より開催致します。
上方銀花に多くの力作が届きました!

会期:2019年1月18日(金)~2月11日(月)

2019年、年初めの個展は
「次世代に繋ぐ二世アーティースト」がテーマ。
父(師)の素晴らしい作品が、
身近にある環境だからこそ芽生えた感性は、
他のアーティストには 無い
無限大の可能性があります。

私も上方『銀花』の二世。
次世代へ繋ぐ為の 架け橋に、
これからの未来へと繋ぐために
今展は、とびっきりの作品が集結しました。
ぜひ、ご高覧くださいませ。

平成最後の新年、私の初めての企画展に
賛同してくださった先生方に感謝を込めて…                       神立麻衣



【出品作家 - 師(父)】



赤地径(陶)  - 赤地健


河井一喜(陶) - 河井久


辻村塊(陶)  - 辻村史朗



藤平寧(陶)  - 藤平伸



松﨑修(漆)  - 松﨑融



森岡宗彦(陶) - 森岡光男



柳晋哉(織)  - 柳崇




#陶器 #漆 #織 #赤地径 #keiakaji  #河井一喜 #kazukikawai  #辻村塊 #kaitsujimura #藤平寧 #yasushifujihira #松﨑修 #osamumatsuzaki #森岡宗彦 #munehikomorioka #柳晋哉 #sinyayanagi

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

新年のご挨拶




新年 明けましておめでとうございます。

皆様は、良いお年をお過ごしに
なられましたでしょうか。
上方銀花は、長い年末年始休業を
頂戴しておりましたが
本日より、通常営業致しております。





本年は、元号が変わり「変化の年」
上方銀花は、昭和・平成・新元号を
連綿と続くことになりました。
その昔、戦国武将は姿形を変えながら
強く美しく舞う蝶に自分の人生を
重ねたとの言われております。

蝶が吉祥文様として幸せをもたらした様に
2019年は、明るく
跳躍出来る年になりますように…と
願いを込めて中野大輔先生:作
「空のゆくえ」を年賀状に致しました。

本年も、美しい作品をご紹介出来ます様
そして皆様に愉しん頂ける展覧会を致しますので
どうぞ ギャラリー上方『銀花』を
宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

【年末年始休廊日のお知らせ】




誠に勝手ながら、
2018年12月26日(水)~2019年1月14日(月)
長めの年末年始の休業を頂戴致します。
メール等で頂戴致しましたお問い合わせへのご返信も
申し訳ございませんが、休業明けとなりますので
ご了承くださいます様 宜しくお願い申し上げます。
本年も、誠に有難うございました。

新年は15日(火)より、通常営業致しますので、
皆様の御来廊を心よりお待ち申し上げております。


また、2019年・年初めの個展は
「次世代に繋ぐ二世アーティースト」がテーマ。


【出品作家】

赤地健 -赤地径(陶)
河井久 -河井一喜(陶)
辻村史朗-辻村塊(陶)
藤平伸 -藤平寧(陶)
松﨑融 -松﨑修(漆)
森岡光男-森岡宗彦(陶)
柳崇  -柳晋哉(織)


「次世代が繋ぐかたち」を
1月18日(金)~2月11日(月)に開催致します。


計:7名の今を駆け抜ける
素晴らしい師(父)のもとで生まれ育った先生方と
これからの「未来」へと
繋げてゆける様な展覧会を開催致しますので、
どうか、楽しみにお待ちくださいましたら幸いです。


来年も、上方銀花をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様にとりまして、笑顔溢れる幸せな年になりますよう
心よりお祈り申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

冬の上方まつり

11月29日(木)より
冬の上方まつり ~感謝セール~を
開催致します。



『平成』も残り僅かとなって参りました。
33年目に突入した上方銀花にとって
30年間の『平成』は、とても濃密で
特別な元号であり
多くのお客様方、先生方との繋がりを築けた
かけがえのない30年でございました。
この感謝の気持ちを込めて、
素敵な1年の締めくくりとして
年に2度しか開催しない、
皆様に楽しんで頂ける
”サプライズ”な大セールです。


第一弾【陶器・ガラス・立体他】
2018.11/29(木)~12/3(月)
陶磁器・漆器・ガラス・木工家具
・絵画・彫刻 ジュエリー・服地…etc


第二弾【着物・帯・和装小物類】
2018.12/7(金)~12/11(火)
呉服の大セール(着物・帯・和装小物)


今回は、2回に分けての開催です。
特別価格にてご提供させて頂きますので
ぜひお遊びにいら してくださいませ。
来年も、皆様にとって
素敵な良き年へと なりますように・・・
寒さ厳しき時柄、お身体ご自愛の程に。

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

竹内瑠璃 九谷色絵展






現在、開催中の
「竹内瑠璃 九谷色絵展」では
沢山のファンの方が
お見えになられております。







一つ一つをじっくりと
作品と「心」を通わせるように
緻密で、繊細に造り上げる
瑠璃先生の制作に対する姿勢は、
誠実でファンの方の「心」もつかみます。




実際に、お手に取ってご高覧頂くことで
より一層、作品から伝わる「心」は
瑠璃先生の美しさの一つなのだと感じます。





本日も、先生のご厚意で
御在廊くださっておりますので
ぜひ、お遊びにいらしてくださいませ。
皆様の御来廊を
心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

竹内瑠璃 九谷色絵展




本日より開催しております
「竹内瑠璃 九谷色絵展」
★作家在廊日:11月9日(金)~13日(火)

今までとはまた違った面白い作品も
今回は展示しております。





竹内瑠璃氏の描く緻密で優美な線には、
生き生きと命が宿り、自らの手ひねりの
動物に、伝統ある九谷の超絶技巧の
美しい色絵を描きます。
今回は、手ひねりに力を入れた逸品や、
香合、小箱酒器、干支の作品が揃います。
海外でも、日本を象徴する凛と美しい
作品として評されました。
進化し続ける「竹内瑠璃氏の世界」



繊細でありながら、遊び心もあり
見ているだけで楽しめます。
ぜひ、皆様の御来廊を
心よりお待ち申し上げております。

#竹内瑠璃 #RuriTakeuti #九谷 #陶器 

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

上方銀花HPリニューアル致しました


いつも上方銀花をご愛顧くださいまして
誠に有難うございます。
上方銀花のホームページが
リニューアル致しました。

ギャラリー上方銀花HP
以前も新しく皆様に見てもらえる様にと
デザインを改善致しましたが、
更に見やすくわかり易く
より上方銀花を知っていただけるように…と
願いを込めてホームページを作ってみました。

まだ、所々に未完な部分もございますが
更新しながら、徐々に
増やしていければと思っております。
その過程も、どうか皆様には
楽しんで頂けましたら幸いです。

今後とも、
何卒宜しくお願い申し上げます。






現在開催中の【杉本 玄覚貞光 陶展】も
ぜひご高覧くださいますよう
皆様の御来廊を心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

玄覚 杉本貞光 陶展~侘び寂びにおもいを~




【玄覚 杉本貞光 陶展 
~侘び寂びにおもいを~】
会期:2018年10月12日(金)〜10月22日(月)
本日より開催致しました。





お茶の世界では、誰もがあこがれを持ち
お人柄にも惚れ込んでしまうぐらいに
魅力的な杉本貞光先生。





茶盌はもちろん、花器や掛軸、
杉本先生ならではの遊び心がたっぷりで
普段にも愉しんて頂ける器や汲出等…
今展でしか御覧頂けない作品が並びます。

「侘び寂」の静かな品格ある
杉本貞光の世界です。



初日から3日間、14日まで
先生もご在廊くださっております。
杉本先生との楽しい談話をしながら
作品を、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

創業280周年記念 特別企画展 誉田屋源兵衛 「月をこそ…」




創業280周年記念 特別企画展
誉田屋源兵衛 「月をこそ…」は
明日、10月8日(月)までの
開催となります。
是非、おいでくださいませ。


【会場】誉田屋源兵衛 本店
〒604‐8165
京都市中京区室町通三条下る
TEL:075-254-8989

【アクセス】地下鉄「烏丸線 烏丸御池駅」
※6番出口より徒歩6分
地下鉄「四条駅」
※2番出口より徒歩9分



本年は、平成最後の年.。
そして、上方銀花創業以来、
特別に親交を深めてきた
誉田屋源兵衛創業280周年の年でもあります。
この記念すべき祝いの節目に、
世代に残る祝展を催す事となりました。
その昔、10年をもかけて建設された
誉田屋のお屋敷が特別に開放され
逸品ばかりの見応えのある作品が並びます。
280年に1度のこの機会に
どうぞお運びくださいませ。


※もしお出でくださる折には
一報頂けましたら幸いです。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧