企画展のご紹介

2017年7月18日 (火)

荒川尚也 ガラス展







氷菓子のようなお重箱。




蓋を閉じた状態でも
中に入れる彩によって、360度の角度から
様々な表情を見せてくれるのも
ガラスならではの楽しみです。






透明なお重は、瑞々しさを感じ
薄っすらと透ける半透明なお重は
涼しげで風情があります。


かなりの深さがありますので、汁気のあるものを
入れて頂いても大丈夫です。
色鮮やかなフルーツや夏野菜のお料理や
お重にとらわれず、
1段ずつお皿として
お菓子を盛り付けても面白いかもしれません。




今の暑い季節にピッタリな、涼しげなお重箱で
食卓を「涼」の空間にしてみては如何でしょうか。
色んな楽しみ方を探してくださいませ。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

荒川尚也 ガラス展




本日より開催しております
「荒川尚也 ガラス展」



京丹波町和知で工房を構える
荒川尚也氏のガラスは、
水に恵まれた山里暮らしの
様々な表情があらわれる作品です。



瑞々しい透明感の中に、
自然の光が移り込むガラスたちは
日々の時の流れの美しい移ろいを
知らせてくれるよう。

荒川先生とは、上方『銀花』の
開廊当初からのお付き合い。
今日に至るまで、変わらずに素敵な作品を
作り続けておられます。
先生が吹くガラス作品は、
瑞々しいという言葉がピッタリで、
自然の流水を感じさせる
透明感溢れるものとなっております。



器・コップ・ワイングラス・お茶道具・書道など…
様々なガラス作品が上方『銀花』に届きました。

これからの暑い夏に涼やかな一時をもたらしてくれる
荒川尚也氏のガラスを、ぜひご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

暮らしの空間

矢澤金太郎先生の作品である
「いろいろ使えるん棚」




上方銀花では、定番の作品ですが
その中でも、お着物用にと
特別に作って頂いた
「いろいろ使えるん棚(着物用)」は
お着物好きな方から、お嬢様の為にと
沢山のお客様方より好評でございます。






棚いっぱいに収納として使える事や
お着物を引き出す時に
横から引っ張り出せる事。

そして、何よりも
扉を開けると一目瞭然で、
中に何を収納しているのか
とても分かりやすいのも人気の理由です。


現在展示しております作品は、お着物用として
サイズもタトウ紙が、ゆったりと入る様に
普段のサイズよりも少し大きめになっています。




「いろいろ使えるん棚は」他にも
細長いタイプ、背の低い形もあります。

用途もお洋服の箪笥代わりに使っておられる方や
帽子や陶器など…嵩高いものを収納するのにも
大変便利でございます。


作品名通りご利用くださる方によって、使い方は様々です。
どんな風に使おうかな…と考えるのも楽しそうですね。

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

暮らしの空間






今回の展覧会は
「暮らしの空間」という事で
額装も、全て絵に合わせて
雅土呂・山本先生と有吉英先生に
作って頂きました。











其々に似合った額装で…
一点一点が、絵を際立たせる為に
細部にまで拘ってくださったもの。
鏡もございます。







絵によって、雰囲気が全く変わるのも
額装の魅力です。

御来店くださったお客様の中には
長年、好きで求めた版画や絵を持っているのに
合わせる額が無いので、飾る事も出来ず
そのままでお持ちになっている方が
多くいらっしゃいました。

そんな時に、この様な合わせて作ってくださる
額匠がいることは、とても嬉しく安心でございます。




雅土呂・山本先生と
有吉英先生は
皆様の要望にお応えくださり
必ず、喜んで頂ける額を作ってくださいます。

ぜひ、お悩みの方はご相談くださいませ。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

川野恭和 白磁展






川野恭和先生の
コーヒーカップ・ティーカップのソーサーは
カップを固定する「くぼみ」が無いものを
上方銀花では、使用しております。




皆様は、コーヒーやお紅茶には
美味しいお菓子と一緒に
愉しまれる方が多いのでは
ないでしょうか。




上方銀花でも、普段のティータイム時には
川野先生のソーサ―に、美味しいお菓子を乗せて
カップはと言いますと
西端先生や松﨑先生の漆の茶托に乗せて
楽しい一時を感じて頂ければと
お客様方に、お出しする事がございます。

それが、とても好評でございまして
このスタイルが定番となりました。

「くぼみ」が無いソーサ―だから
出来る事でございます。
ソーサ―だけでなく、
単体でお皿としても
使える事は嬉しいですよね。







川野先生のコーヒーセットは
見た目も可愛らしい、温かみある時間を
お過ごし頂けます。

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

川野恭和 白磁展




上方銀花にとって7年ぶりの個展
「川野恭和 白磁展 ~暮らしの用の美~」が
本日より開催致しました。





川野先生も張り切ってくださり
沢山の作品を作ってくださいましたので
見応えたっぷりです。


ギャラリーで愛用している
川野恭和氏のコーヒーカップは
上方銀花の顔であり、
皆様から愛される存在です。

川野氏の仕事は、
師 瀧田項一氏より受け継いだ、
民芸の力強さと存在感を
感じさせる釉溜まりの中に、
ほのかな青みが残る爽やかな白磁。
そして、深みがありながら
透明感も感じさせる瑠璃も
とても魅力的です。



「身近に置いて楽しく使いたいものを作りたい」
との思いから生みだされる器は、
作り手としてのこだわりを感じます。
普段使いにピッタリで、見た目も美しく、
日常で活躍する器ばかりです。




本日は、川野先生と奥様が
ご在廊くださいました。
明日も夕方までいらっしゃいます。
暮らしの中に息づく川野氏の器を、
ぜひご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

吉岡正人 絵画展






吉岡正人先生は、
埼玉県「サトエ記念21世紀美術館」にて
約6ヵ月間の個展をされた他

エリザベス女王が、晩餐会をされたような
格調が高く、とても有名なホテルである
「東京会館」にて、
建て替えする前の最終企画として
展覧会に吉岡先生の作品が並んでおりました。








最近では、今年3月に京都ノートルダム女子大学へ
「最後の晩餐」が描かれた、
縦177cm×横708cm大作を寄贈されました。


約1年半の制作期間を費やした大作は
キリストを中心に12名の使徒が描かれております。
生命感を感じる様に、肌の質感をこだわり
柔らかな雰囲気を出すようにしているんだそうです。
背景の色や、表情、隅々にまでこだわり抜いた
“吉岡正人”が描く
「最後の晩餐」の大作が完成致しました。





そんな素晴らしい吉岡先生のお人柄は
とても優しく柔らかな、飾らない先生です。
ですが、作品を語る時は熱く、
内に秘める情熱を感じます。
作品に「生命」が宿っている
静かな世界がそこにあります。






| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

吉岡正人 絵画展

 
本日より開催しております
「吉岡正人 絵画展」



初日から先生がご在廊くださり、
先生のファンの方や、お知り合いの方
そして、上方銀花の絵がお好きなお客様方が
先生とのお話を楽しみながら、
ご高覧くださっておられました。



吉岡正人先生のテンペラ画は、
ヨーロッパ中世ルネッサンス香り漂う
奥行きと広がりを感じさせる
感性豊かな作品たち。
その作品の前に立つと 何時の時代の
何処とも知れぬ静謐な世界に
引き込まれ ,私達はその時代に
タイムスリップしたように感じます。
作品は常に私達に心のやすらぎをもたらし、
普遍的な美への感動を導き
明日への夢や希望の糧となって
いくようにも思えます。

 平成28年9月には、
埼玉県「サトエ記念21世紀美術館」にて
約6ヵ月間の個展。
平成29年3月には
「京都ノートルダム女子大学」にて
「最後の晩餐」が描かれた、
縦177×横708cm大作を寄贈されました。
※その記事も「美術の窓」にて掲載されました。

国内だけでなく、イタリアでの個展の他、
埼玉大学教授として後進の指導にも
尽力されたりと様々な活動をされております。




上方銀花では念願叶っての初めての個展です。
吉岡先生は、残り3日(土)・4日(日)と
御在廊してくださいます。
優雅でエレガントなヨーロッパの雰囲気を
感じさせる吉岡正人氏の世界を
ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

川口淳 色絵近彩楽園文華の夢日器






本日はいつも「菓子工房yamao」さんの
美味しいケーキをくださるお客様が

可愛らしい「ウサギのフランボワーズ」

暑い季節に嬉しい
のど越しよい食感の「トロピカルマンゴー」

をくださいました。

こちらも川口淳先生の器に乗せて
美味しく頂戴致しました。











川口淳先生の器は
カラフルなので何を盛り付けようかな?と
初めは、迷われる方も多くいらっしゃいますが
お料理やお菓子を乗せると
器が美味しそうに引き立ててくれます。



実際に、上方銀花のお客様も
先日の森暁雄先生を囲んでのパーティーにて
腕を振るって作ってくださったお料理には
川口先生の器が使われておりました。

川口先生にしか生み出せない器は、
華やかな印象をもたらしてくれます。

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

川口淳 色絵近彩楽園文華胥の夢日器






今回新作の「タイルシリーズ」

どれもカラフルで、いつもの川口淳先生とは
少し違った絵や色合いが楽しい作品です。







お玄関や廊下の壁など
壁に掛けて飾って頂いたり
お皿立てなどに立てかけて飾って頂いたりと
川口先生のタイルを飾るだけで
作品から広がる明るいパワーが
華やかな空間へと早変わりします。

飾るだけでなく
敷物としてお使い頂いても。




色とりどりの色彩豊かな
川口先生の作品は
楽しい幸せな日常の一部に
花を咲かせてくれます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧