企画展のご紹介

2017年11月18日 (土)

日本の美と装いを考える あなただけの逸品




とても幅広く織られたものは
今では、ほとんどお見掛けしない
「丸帯」

豪華で重厚さがあり、帯にお仕立てをしますと
表だけ見れば、袋帯と変わりないように見えますが
袋帯と違う所は、幅広く織られた丸帯を半分に折り
帯仕立てをする為、両面ともに
表として使って頂けるのが特徴です。





昔は、礼装用の帯といえば「丸帯」と言うほど
留袖などにも締めておられたそうです。

現代では、袋帯が主流になり
締めておられる方も、少なくなりましたが
それでも「丸帯」は、お振袖や
白無垢・色打掛の掛下帯といった
婚礼衣装として使っておられる方が、
多くいらっしゃいます。

舞妓さんの帯も「丸帯」ですが
やはり締めておられるのを見ると
どの角度からも柄が出るので、
とても華やかさがあります。





また「丸帯」は、同じ文様のものを
2本使うと打掛をお仕立てすることも可能なので
現在でも、花嫁さまに作られることがあるんだとか。
女性なら一度は憧れるこの華やかさは
「丸帯」にしか出せない輝きです。
年々、織れる職人の方も減っている為
「丸帯」も素晴らしい作品が
希少なものとなりつつあります。

そんな「丸帯」をぜひ
ご覧いただきたいと思います。
展覧会は、11月20日(月)までの開催です。
どうかお遊びにいらしてくださいませ。

| | コメント (0)

2017年11月12日 (日)

日本の美と装いを考える あなただけの逸品




今回の展示会では
金通し・銀通しの白生地で
お一人お一人に似合ったものを
お誂え頂く楽しい企画展となっております。





金・銀通しの生地は
シャキッとしっかりした触り心地で
お着物はもちろん、
コートや羽織にもピッタリです。



また、お色を入れると金が立つので
模様が浮き出て、白生地の状態と比べると
より一層、表情が豊かになるのが特徴的です。





白生地から無地染めをする他にも
そこから、もうひと段階手を加える事で
新たに違った印象のものが出来上がります。



例えば、地模様の一部分を胡粉で模様通りに
地紋起こしをすることも可能で
そうすると案内状にあります
華やかな印象のあるお着物に。


様々な地模様の白生地を選んで頂き
お好きなお色に染める事を考える時間は
贅沢で愉しいひと時でございます。

ぜひ、皆様にも実感して頂きたい
ワクワクするようなお誂えです。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

日本の美と装いを考える あなただけの逸品

本日より開催しております

31周年の特別企画
「日本の美と装いを考える あなただけの逸品」



今回は、上方銀花では初めての個展となり、
上方銀花好みのお着物や帯を
今までとは少し違った雰囲気で
ご高覧頂ける楽しい展覧会となりました。









図案、染め、金加工、刺繍、さらに 織りなど、
京都の職人技を結集する唯一無二のお誂えであり
想い描いた通りにあなただけの逸品をおつくりします。

今までにない感覚でありながら、伝統的で雅な美しさは、
日本の職人が成せる技です。

今展のために、特別に誂えた金通しや銀通しの生地は、
ぜひ実際にお手にとってご高覧頂きたい美しさです。

上方銀花が考えたワクワクするような「美しい装い」は、
愉しんで頂けることと存じます。
ぜひ、秋のお出かけにお出でくださいませ。


お誂えのご相談なども、何なりとお申し付けください。



★今展では、多くの方に喜んで頂きたい願いから、
お気軽に御覧頂けるモノもご用意致しました。



| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

ペルシャ絨毯



秋冬のしつらえとして
展示しておりますペルシャ絨毯。
今展では、上方銀花オーナーが
「とびっきり」の絨毯を厳選し
展示しております。




ペルシャ絨毯・キリム…
どれも20~30年前等、とても年代物ですので、
現代では、ここまでのものを作るのも難しく
デザインも緻密で、繊細な技術が
織り込まれた希少な逸品ばかり。

また、絨毯の美しさが増す程に時を経て
何十年もの間 熟成されたものは
魅入ってしまうほどです。



素材も良いのもを使い
シルク絨毯に至っては、上品な光沢が素晴らしい
滑らかな肌触りがなんとも言えません。
踏めば踏むほど艶が増し、
味わい深い色合いへと変化してゆきます。
そして、丈夫で美しいペルシャ絨毯は、
何代にも受け継がれることの出来るもの。
いつまでも、寄り添ってくれるような
存在になることでしょう。







ペルシャ絨毯は、1点ものです。
ぜひ、皆様にも実際にお手に取って
ご高覧頂きたい作品です。

ご質問等なにか気になることがございましたら
何なりとご相談下さいませ。

| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

ちいさい秋みつけた 展




昨日より開催しております
「ちいさい秋みつけた」展では、
これからの季節にぴったりな
作品の数々をご用意いたしました。

厳しい夏の名残は自然と人との知恵くらべ。
それでも、いつの間にか美しく月は青く輝き
どこからか虫の音が聞こえてくる日本の秋。





楽しいお出かけに…
ご自宅で寛ぐ為に…
温かくて美味しいお料理に…




そんな気配の感じられる
「上方銀花」へぜひお越しください。

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

松形恭知 作陶展

本日より開催しました
【松形恭知 作陶展 ―飴釉の器―】

初日は、松形先生がご在廊くださり
多くの方にお出で頂けました。



上方銀花では、久しぶりの個展です。
これからの季節にぴったりな
松形先生の温かな器を
ぜひ、ご高覧くださいませ。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          
無名の職人が暮らしの中から生み出した
日用雑器の中に健やかな美しさがあることを見出し、
民藝運動を展開しました。これに共鳴した濱田庄司、
河井寛次郎、バーナード・リーチらは、自らの創作に
このような美を取り入れ、清新な作品を創りました。
 三名窯におきましても、先達に学び、暮らしの中で
使っていただけるような器を作ることを目指しております。
          三名窯 松形恭知
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

輪島 西端良雄 木工展




数年前より小鼓の胴部分を
制作されている西端良雄先生。

今までの仕事とは違い、
音色を必要とする事に
大変苦労されたそうです。
初めての事で、時間も必要とし
綺麗な形を作ればいいという訳でなく
いくら形が美しくても
美しい音色を奏でなければ
小鼓として使うことは出来ないのです。
現在も、まだまだ試行錯誤を繰り返しながら
10個作って1個
使ってもらえるかどうかの厳しい世界です。



その小鼓に使われている木材が
「山桜」
この「山桜」で作られた新作は
小鼓を作る際に必要とする繊細さが
美しく作品にも反映されております。







「桜線彫盃」





「桜漣カンナ中次」

どちらも、たった一つの線をも
間違える事が出来ない
神経を研ぎ澄ました線が
見事に彫られている
西端先生の渾身の作品です。
「桜線彫盃」は、小鼓と同じ形を
盃で作られたんだとか…
是非、皆様には
実際にご覧頂きたいです。

いつでも、ひたむきに真摯に向き合いながら
挑戦し続ける西端先生。
私共も、益々ご活躍が楽しみです。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

輪島 西端良雄 木工展


現在開催中の「輪島 西端良雄 木工展」では
西端先生のファンの方々が目を凝らしながら
作品をご高覧くださっております。





近年では、様々な木材にごだわり
厳選された素材を使われた作品が
多くみられるような気がします。
素材の持ち味を存分に生かしながら
どれをとって見ても、カーブ一つで
1点1点が少しずづ細かな計算がなされた作品は
西端先生の繊細で緻密さを感じさせられます。







その中の1つに
竹の根部分を使って作られた作品たちが
数年前より、先生の作品に加わりました。

竹の根は、土が噛んで、チェーンソーの歯が
駄目になってしまうほど、
掘り出すだけでも一苦労だそうです。
なので、作品として形にする際にも
根気強さを必要とします。

ですが、作品として仕上がると
光沢のある繊細で竹の根独特の木目が
とても魅力的です。
滑らかな質感、そして
口当たりの良さを考えながら
飲み口の薄さにも
西端先生の拘りが伺えます。





今回は、「ぐい呑」
「お茶椀」が展示されております。
是非、実際にご覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

日野亜土 アンティークビーズ ジュエリー展

現在開催中の
『日野亜土 アンティークビーズ
ジュエリー展』

毎日、沢山のファンの方や、お友達の方々が
お見えになられ、とても賑やかです。






アンティークのものばかりですので
1点1点に歴史があり、何百年前のものから
何気ない小さなビーズにも、物語が隠されています。





アドさんとの会話の中で
そんなお話を聞きながら作品を見ると
より一層、楽しんでいただけると思います。






とても過ごしやすい季節になってきました。
9月26日(火)までの開催です。
また、2号店にて開催しております
「ヴァグリエ 秋冬コレクション」と一緒に
ぜひお出かけくださいませ。

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

ヴァグリエ 秋冬コレクション バッグ展







躍動感ある手書きで描かれた箔
デコボコとした革の風合いが
他にはない、とても面白い
バッグが生まれました。






1点1点の美しさが違うのも
「凸凹HAKU」シリーズの魅力。
黒と箔の銀のバランスが絶妙です。





遊び心あるデザインが
ワクワクと楽しい気持ちを持たせてくれますね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧