企画展のご紹介

2018年7月13日 (金)

涼やかな器展

涼やかな器展が、
本日より開催しました。
松本破風先生以外の先生方は
上方銀花、初お目見の先生方です。




紫陽花の花玉が喜ぶ季節を過ぎると、夏の訪れです。
そんな季節をしのぐために、
衣食住に涼を求め、あれこれと心を砕いて
涼感を演出する暮らしのヒントを探すのも、
楽しいことです。
暮らしのしつらえに竹籠や花器,
夏の光の中で輝くガラス、
さっぱりとして清々しい白磁や錫の器など
表情豊かで爽やかな作品を
展示します。ぜひご高覧くださいませ。



松本破風(竹)



角居康宏(錫)




森岡希世子(白磁)

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

佐藤勝彦 作品展


本日、沢山の佐藤勝彦先生の作品が
上方銀花に並びました。



昭和62年の上方『銀花』誕生の時から、
共に歩んでくださった佐藤勝彦氏。
猛烈な勢いの創作活動で、
日本国中1000回以上の個展を行われ
「書・画・陶」と凄まじい
エネルギーがみなぎる作品の数々が生まれました。



その作品達に、どれほど元気の源と
勇気の力を頂いたことか…
上方『銀花』の歴史と共にあった
佐藤勝彦氏の遺作展を
この度、開催致します。





力強くパワー溢れる空間は圧巻です。
絵画をはじめ、陶器や本も展示致します。
ぜひ、思い出と共にご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

石井康治 幻のガラス展




四季をテーマとして制作されていた
石井康治先生。
「詩・季・彩」という風に言い換え
色ガラスを用いて自分のイメージを
詩のように作りたいとの思いから、
物語や情景をガラスに色彩を描き表現されていました。






ガラス作品を制作する前は、
必ずドローイングやデッサンをすることで
徹底的に手を動かし、この手の動きを
ガラスに反映させ様に
自然を写生する時に感じ取る手の動きそのままで
作品を作っておられました。




シンプルな形でありながらも
造形的にも、色彩的にも豊かで
伸びやかな石井先生らしい美しいガラスは
22年の時を経ても、多くの方々の憧れの作品です。

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

石井康治 幻のガラス展



本日より、開催致しました
「石井康治 幻のガラス展」では
緻密な色彩が溢れたガラス作品が
届きました。



彗星のごとく現れ、昭和、平成を駆け抜けた
吹きガラス作家石井康治氏。
作品からは堂々とした力強いフォルム
優雅で華やかな表現・情熱的な色彩など
どれも生命の尊さを感じます。
”美しい” その一言に尽きる
幻の「石井康治 ガラス展」は
22年の時を経て、上方銀花で蘇ります。



【略歴】
1946 千葉に生まれる
1971 東京藝術大学工芸科鍛金科卒業
1977 ガラス作家として独立
1988 「美の世界(ガラスに描く光と風)放映」
1991 石井グラススタジオ 青森工房 開設
1996 石井康治作品展 グラスワーク20年」
    NHK 土曜「美の朝」特集 放映
    50歳 11月逝去

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

パール展〜オスティア 町田久美子〜




上質の南洋真珠やアコヤ真珠の
アクセサリーをお得意とされる、
オスティアの町田久美子さん。

長年に渡り、精緻で美しく、
質の良いアンティークジュエリーを
扱うことで培われた美意識は、
現代のオリジナルジュエリーを作ることにも通じ
他には無い、アンティークと現代を
掛け合わせた様な美しいジュエリーを
作りだします。





アコヤの黒真珠にダイヤモンドを埋め込んだネックレスでは
丁寧な仕事で埋め込まれたダイヤが煌めいて、華やかであり
ながら品のよいお顔映りがとてもきれいな一品です。






また他にも、
マベパールをお花のように寄せたステーションのネックレス









さりげないデザインでありながら、こだわりのあるリング等…
他にも、町田さんの美意識が詰まったジュエリーの数々を
展示しております。

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

パール展~オートジュエラー森暁雄~






オートジュエラー森暁雄先生のジュエリーは
象牙やべっ甲、サンゴ、真珠などの天然の素材が
ふんだんに使われており、
そこに、森先生のエレガントで
洗練された美しいデザインが加わる事で
大人の女性を美しく引き立てる
魅力的なジュエリーが生まれます。






また、西洋アンティークの香りの漂う作品から、
日本的なデザインまで金銀蒔絵や螺鈿を施された作品には、
次の世代に伝えていきたい日本の手仕事の
繊細な素晴らしさを改めて感じさせてくれます。






森暁雄先生による、森暁雄先生ならではのパールジュエリーは
ゴージャスでありながら付けやすさもある不思議な魅力が
漂っており、ブローチやネックレス、指輪等
たくさんの麗しい「森暁雄の世界」が届いております。
ぜひ、お手に取って御覧くださいませ。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

Pearl パール展 KAMIGATAGINKA

本日より開催致しました
「Pearl パール展
KAMIGATAGINKA」



6月はシャネルが最も愛した宝石
「パール」の季節です。
人々の憧れである「パール」は、
美しい海の宝石の輝きを放ち
古来より愛され続けてきた
品格ある神秘的な姿で、本来の美しさ
のまま女性を輝かせてくれます。






今展は、オートジュエラー
森暁雄氏のジュエリー
オスティアのパールジュエリー
そして、福田正孝氏の
マザーオブパールで作られた茶杓
や菓子切りも集まり、
上方銀花ならではの楽しい展示会を
開催致します。



「神々の涙」と称されたパールを
ぜひご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

倉敷ガラス 小谷栄次 作品展




小谷先生と言えば「ブルー」を思い浮かべます。



吸い込まれそうなほどの透明感がありながら
深みもある色。ぽってりとしたガラスとの
バランスが絶妙な日常の暮らしに
やさしく寄り添ってくれるようです。




栄次先生より「小谷ブルー」の誕生話を
教えてくださいました。

当時、透明色ばかりを作っておられた眞三先生は、
倉敷民藝館 初代館長・外村吉之介氏より
他の色は出来ないものかと言われ、
色ガラスを作り始めたんだそうです。
ただ、初めは絵の具の「青」のように
原色で吹いたものを外村氏に見せたところ
この色では、明るすぎて民芸には合わないと
言われてしまい悩んでいたところに
足元に転がってきたガラスの色を
かけ合わせてみたらどうだろうか…と
試行錯誤の末、一瞬の閃きで
偶然に出来た色が「小谷ブルー」であります。

今となれば、小谷眞三先生そして
栄次先生が吹くガラス【倉敷ガラス】の
代名詞として唯一無二の存在になりました。

生みの苦しみの末に作り出された
小谷先生のガラスの作品は、
倉敷民芸館の初代館長であった故・外村吉之介氏に
よって、【倉敷ガラス】と命名されました。



なんとも言えない
絶妙な温かみある「小谷ブルー」は
栄次先生に引き継がれ、
多くの方に愛されております。

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

上方銀花 立礼式 お茶会2018③







昨日は、毎月恒例「上方銀花のお茶会」
沢山のお客様がご参加くださいました。




お茶菓子は、
ゆりこ庵のお手製の練切
青々と実る「新緑」です。







今回は、菱田賢治先生の個展中ということもあり
菱田先生のご厚意で、
ご参加くださったお客様にお好きなお茶碗を選んで頂き
お茶の世界を愉しんで頂く特別企画。





菱田先生のお茶碗は、抹茶のお色が映えて
とても点てやすいものばかり。
皆様も、目をキラキラさせて
どのお茶碗で点ててもらおうかと
お茶碗を選ぶところから楽しんでくださり
いつもとは少し違った贅沢なお茶会となりました。




また、回を重ねるごとに
お着物をお召しになられてご参加くださる方も
増えて参りました。
ご参加くださいました方の帯は
誉田屋源兵衛「蜂」の可愛らしい帯を締めておられました。




このお茶会を通してお茶の世界だけでなく
お着物との触れ合うきっかけとして
上方銀花が少しでも
皆様に、着物をお召し頂ける機会を
お作り出来ればと思っております。


来月は、5月27日(日)を予定しておりますので
次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

菱田賢治 陶漆展

菱田賢治先生は、日本中で陶漆を扱い
作品を作っておられる唯一の作家です。
関西初個展。本日開催致します




【菱田賢治 陶漆展】

■会期:2018.4/20(金)~4/27(金)

「 日本人は1万2千年前から漆を利用し日常の道具を作ってきました。
陶器に漆を塗ることは、まだ釉薬が無かった時代の水漏れ止として
行われていて、平安時代にはすでに蒔絵も完成していました。
しかし現代では工芸は分業化し、効率から陶磁器に漆を塗り蒔絵を
加飾する技法はみられなくなりました。 一人で土から形を作り、
漆を塗り、蒔絵をすることはまさに陶芸と漆の良いところを融合す
る事です。ぜひご覧いただければ幸いです。」  
                     『陶と漆』 菱田賢治






菱田賢治氏にとって、関西初個展を上方銀花で開催致します。
『陶と漆』が美しく融合された作品を、ぜひご高覧くださいませ。

#菱田賢治 #KenjiHishida #陶漆 #陶胎漆器 #Japan 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧