« 新型コロナウイルス対策について ( 5/8更新 ) | トップページ | 倉敷ガラス 小谷栄次 »

2020年5月25日 (月)

倉敷ガラス 小谷栄次 作品展

1642a158818d4a1890d9727f5ea10fc3

現在開催中の

「倉敷ガラス 小谷栄次 作品展」

「倉敷ガラス」の歴史は、

小谷眞三先生が作られたコップから始まりました。

分業化されていたガラスの仕事の全てを、

お一人で一貫して作ることを始められ、

試行錯誤の中で生まれた作品です。

機能的で飾らない、日常の生活に馴染む

コップを手にしたときの質感には、人の心を

和ませる不思議な力があり、

捻りの入ったコップは、温かみを感じます。


04920a78229740df8bade22b16fb70f0

「コップ」左から

大:直径8.0cm*高さ12cm

中:直径7.7cm*高さ9.0cm

小:直径6.0cm*高さ9.0cm

サイズは3種類ございます。

 

 Cad962e5a1d14f65a56b26cd8486f1ad

昭和39年の創業時から変わらない形。

激動のこの時代にあって長年変わらないコップ。

労を惜しまず黙々とひとりガラスと向き合って、

創業当時に丸1年がかりで生み出された永遠の形です。

必死にまじめにやれば、窯から自然とコップが

出来るものだと眞三先生は語ってくださいました。

栄次先生も、その意思を受け継ぎ

今もなお作り続けられています。

 Cfc3ff75609f482daad81be96518a380


4ee51797c2dc4de2ad669d201b908c97


長年、眞三先生の代から愛され続けている

「コップ」は普段使いにピッタリ。

柔らかな口当たりは、お茶やジュースなど、

美味しくいただけます。

これからの季節に活躍すること間違いなしです。

|

« 新型コロナウイルス対策について ( 5/8更新 ) | トップページ | 倉敷ガラス 小谷栄次 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス対策について ( 5/8更新 ) | トップページ | 倉敷ガラス 小谷栄次 »