« 角居康宏の『手』 | トップページ | 夏の上方まつり~半期に一度の大感謝セール~ »

2019年7月18日 (木)

角居康宏 錫器展

Img_2074

古くから皇室では錫の器が使われてきました。
いまでもお酒のことを「おすず」と呼ぶそうです。

Img_2211

Img_2120

錫は熱伝導率が高い金属ですので、
燗に、また冷酒にすばやくかつ芳醇につかります。
冷たい飲み物を中に注ぐとその冷たさを手にも心地よく感じさせます。
お使いになる前に冷蔵庫で冷やしておかけると、一層効果的です。

Img_2214

錫にはお酒をまろやかにする効果があり、
キリッと冷えた日本酒が
美味しいこれからの季節には重宝しそうですね。

Img_2204

Img_2154

また、錫には水を浄化する力があるため、
錫で作られた花器では、
花が長持ちするなどの効果があります。


Img_2116

角居先生が作られる作品には
キメ細いマチールとして槌目の種類が沢山あり
同じ形でも、様々な表情を見せてくれるのも
使う方の楽しみの一つです。

|

« 角居康宏の『手』 | トップページ | 夏の上方まつり~半期に一度の大感謝セール~ »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 角居康宏の『手』 | トップページ | 夏の上方まつり~半期に一度の大感謝セール~ »