« 涼やかな器展 | トップページ | 上方銀花 夏季休廊のお知らせ »

2018年7月21日 (土)

森岡希世子の『手』




先日、森岡希世子先生が
初めて、上方銀花へいらしてくださいました。





小さく華奢な『手』は
とても繊細で透明感のある作品を生み出す
森岡希世子先生の『手』です。



金沢にて作陶されていらっしゃり
おおらかなとっても素敵なお人柄でございました。




器や花器…すべての作品が
光を通してしまうのではないかと
思わせるほどの薄さ。



フォルムの美しさだけでなく
普段使いを考えられた器やカップは
茶渋が付かないように丹念に磨き上げられ
使いやすさも追及されており
使うたびに手に馴染んでいく手触りの心地よさは
森岡先生だからこそのなせる技が作品に詰まっています。
器は、ぜひ手に取り
吸いつく手触りを実感していただきたいです。







また、花器も空間を
演出する美しさに見とれてしまいそう…

|

« 涼やかな器展 | トップページ | 上方銀花 夏季休廊のお知らせ »

作家の『手』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼やかな器展 | トップページ | 上方銀花 夏季休廊のお知らせ »