« 皆様 ありがとうございます | トップページ | 佐藤勝彦 作品展 »

2018年6月22日 (金)

石井康治 幻のガラス展




四季をテーマとして制作されていた
石井康治先生。
「詩・季・彩」という風に言い換え
色ガラスを用いて自分のイメージを
詩のように作りたいとの思いから、
物語や情景をガラスに色彩を描き表現されていました。






ガラス作品を制作する前は、
必ずドローイングやデッサンをすることで
徹底的に手を動かし、この手の動きを
ガラスに反映させ様に
自然を写生する時に感じ取る手の動きそのままで
作品を作っておられました。




シンプルな形でありながらも
造形的にも、色彩的にも豊かで
伸びやかな石井先生らしい美しいガラスは
22年の時を経ても、多くの方々の憧れの作品です。

|

« 皆様 ありがとうございます | トップページ | 佐藤勝彦 作品展 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆様 ありがとうございます | トップページ | 佐藤勝彦 作品展 »