« お着物でご来店 | トップページ | 日本の美と装いを考える あなただけの逸品 »

2017年11月 7日 (火)

家庭画報12月号「桐箱一筆箋」が掲載されました




家庭画報12月号に
上方銀花の「桐箱一筆箋」が掲載されました。

容姿は、いつもお洒落で素敵な方で
お料理も美味しくてセンス抜群の
上方銀花のお客様が
「私の街の贈りもの名品」で
ご紹介くださいました。



贈り物に最適な桐箱に入った「一筆箋」
一筆箋には、ひとこと添えるのに
すっと書ける便利さがあり
こだわりの美濃和紙で作られた紙質は
柔らかく、程よい厚さで優しい触り心地です。



また、一筆箋と同柄の文香が入っているので
ほんのりと香り、お贈りするお気持ちと一緒に
香りもお届けいたします。
桐箱を開けるたびに、
ふわっと香りがするもの嬉しいですよね。



雑誌に載っているのは
「麻の葉」です。




お求めくださる方、または贈り物として
多くのお客様方に大変喜んで頂いております。
ちょっとした“心ばかり”に最適であり、
『和紙』独特の柔らかな優しさが嬉しい逸品。


柄は、
「麻の葉」「市松」「南天」「鈴」「日の出」
「桜」「萩」「だるま」「兎」「猫」
「金魚」「スズメ」の全12種類ございますので
どれも素敵な柄がございます。

ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。

|

« お着物でご来店 | トップページ | 日本の美と装いを考える あなただけの逸品 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お着物でご来店 | トップページ | 日本の美と装いを考える あなただけの逸品 »