« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

田中茂雄 作陶展





先ほど、田中茂雄先生の作品展示を終え
明日より「田中茂雄 作陶展」を開催致します。

――――――――――――――――――――――――――――

初めての出会いは「田中蠢動子」と名乗る若き陶芸家でした。
当時の田中氏は、ニコリともしない素朴な青年でしたが、
その手から生まれる力強い器に魅せられて、
お付き合いが始まりました。
紆余曲折が「田中茂雄」の作品に磨きをかけ、
円熟味を増してくれたと思います。

上方銀花31年目を迎える今秋初めての個展は、
これからを担う力ある若い作家にとって
頼もしいギャラリーになっていく事が
責務と心に誓っています。ぜひご高覧をお願い致します。

ギャラリー上方『銀花』
神立順子

――――――――――――――――――――――――――――






日常の器・カップ、そしてお茶碗など、
沢山の作品が届きました。
ぜひ、お手に取ってご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

森暁雄 「ルビーブローチ」




先日、森暁雄先生が大好きなお客様が
オーダーしてくださったブローチを
お納めしました。




こちらは、森先生の創作活動50周年を記念して
新しく作られた作品集の表紙にもなった作品です。
あまりにも表紙のブローチが
素晴らしいものだったので
先生に作って頂きました。







48キャラの大きなルビーは、優しい色合い。
透かしのようなフレームは、
象牙に総金蒔絵で施されております。
他にも、小さなルビーや、
ダイヤモンドをアクセントに
エレガントな存在感ある素敵なブローチが
出来上がりました。

さすが作品集の表紙という事もあり
森暁雄先生ならではの品のある華やかさ。
大好きなお客様にも大変喜んで頂けました。

このブローチを身に着けるだけで
気持ちもウキウキに、
その日が特別な日になりそうです。

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

彫刻家:冨長敦也 「Love Stone Project」- Toyonaka




2013年に開催された
「第25回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」
大賞作品に冨長先生の「OurLove」が
選ばれた事から始まった
「Love Stone Project」ラブストーンプロジェクト




未完成の石を人々の手で磨き、完成させる参加型アートであり
石に向き合い、人のかたちを作り続けてきた冨長先生は
二度の大震災を経験し、人と自然の関係を問い直されました。
それが「OurLove」
山の石が川に流されて丸くなるように、
人の手で磨いてハートの形が作り出されます。






そして、そのプロジェクトが
大阪府豊中市でも昨年2016年10月
豊中市立文化芸術センターのプレオープン時に
「Love Stone Project」- Toyonakaとして
市民参加型の新しいアートがスタートしました。


地元能勢で採れた1トンの御影石はハート型に彫られ、
豊中市立文化芸術センター・豊中市内の小学校
中学校2校・支援学校・2ヶ所の公園を巡りながら
約1年間かけて磨きあげられたそうです。



そして再び芸術センターへ戻り、
NY・メキシコ・フランス・ベトナム等の世界各地、
また札幌~沖縄と日本各地で磨いた
ハート型の石(Love Stone)とともに展示されます。

このプロジェクトでは四季を通じて、
そこで出会う人たちや子どもたちと一緒に磨き、
豊中市民の気持ちをひとつにつなげる事を大切に
「子どもと子ども」「アートと教育」を
つなぐことにも力を注いでおられます。


冨長敦也先生とゆかりのあるゲストを迎えて
楽しいギャラリートークや
ワークショップも開催 するそうなので
ぜひ、皆様も足をお運びくださいませ。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【Love Stone Project」- Toyonaka「冨長敦也 つながる彫刻展】

■会期:2017年9月27日(水)~10月15日(日)
    11:00~19:00
    ※月曜日休館

■会場:豊中市立文化芸術センター
――――――――――――――――――――――――――――――

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

「cafe&berぎんか」へ行って参りました

オープンされてから、5ヵ月が経ち
なかなかお伺い出来なかったのですが
やっとの思いで日帰り弾丸ツアーとして
東京にある「ぎんかカフェ」へ行って参りました。






上方『銀花』をいつも応援してくださる
パワフルで素敵な東京のお客様が、作られたお店
その名も「Cafe&Bar ぎんか」
東京の谷中に、上方『銀花』の作家たちの作品が、
集結した素敵なお店なのです。

HPです→cafe&ber ぎんか HP







矢澤金太郎先生の家具

川野恭和先生のコーヒーカップ

松﨑融先生・修先生の器

赤地健先生のどんぶり鉢



高山しげこ先生の和紙による温かいあかり



結城美栄子先生のビリケンさんも見守ってくれています。

蒼々たる上方銀花の作家陣で固められた店内は
なんだか初めて来たのに、居心地がよくて落ち着きます。





お話も弾みながら
こだわりのコーヒーとお手製ケーキを美味しく頂戴し
まったりした時間を過ごしました。




皆様も、ぜひ東京へ行かれた際には
ランチでも良し、コーヒーとケーキでも良し
夜は、バーにもなるんだとか…
この素敵な空間で楽しいひと時をお過ごしくださいませ。
日本の文化を身近に感じれる場所でもあり
上方銀花がお好きな方は、
きっと好きになってくれる事と思います。


| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

本日より通常営業致しております





相変わらずの厳しい暑さが続いておりますが
トンボが飛んでいる姿がちらほらと・・・
少しずつ秋の気配を感じる季節になって参りました。
いつも、皆様には大変お世話になりまして
誠に有難うございます。
今年のお盆は、各地で雨が目立ちましたが
お休みは、ゆっくりとお過ごしに
なられましたでしょうか。

さて、上方銀花は長いお休みを頂いておりましたが、
本日8月20日(日)より通常営業を致しております。


次の展覧会、9月1日(金)より開催致します
田中茂雄先生の陶展に向けて、
皆様に楽しんで・喜んで頂けるものを
ご紹介出来ますよう色々と始動しております!

いつも夏の時期恒例でございました
日野亜土 アンティークビーズジュエリー展も
今回は、9月21日(木)~9月26日(火)の期間
秋に開催する事となりました。
こちらも、ぜひ楽しみにしていてくださいませね。


2017年後半も素晴らしい先生方が作られた
作品たちをお届け致します。
これからも皆様の御来廊、
心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

上方『銀花』の夏期休廊日のお知らせ

いつも上方銀花をお引き立てくださいまして、
誠に有難うございます。

誠に勝手ながら
8月9日(水)から8月19日(土)まで
長期のお休みを頂戴致します。

メール等で頂戴致しました
お問い合わせへのご返信も申し訳ございませんが、
休業明けとなりますのでご了承くださいませ。
20日(日)より通常営業いたします。
11:00-18:00 ※水曜休廊





お休み明け9月の個展は、
田中茂雄先生の作陶展から始まります。
上方銀花オーナーが
長年応援している素敵な先生です。
作る作品には、どれも深みと重みがあり、
器好きの方は必ず手に取ってしまう魅力的な陶器。
ぜひ、お楽しみにお待ちくださいませ。

皆様のご来廊を心より
お待ち申しあげておりますので、
よろしくお願いいたします。


【9月の展覧会スケジュール】

9/1(金)ー11(月)   田中茂雄 陶器

9/21(木)ー26(火)  日野亜土 
アンティークビーズ ジュエリー展

9/29(金)ー10/9(月) 輪島塗 西端良雄 木工展 
 
厳しい残暑が続いておりますが、
皆様くれぐれもお身体大切に
お過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

品川恭子:作 「雪景色」色留袖






こちらは、以前にお納めさせて頂きました
特注の品川恭子先生:作
「雪景色」の色留袖です。

品川恭子先生の「雪景色」とは
「樋口可南子のきものまわり」にて
掲載されておりました
京都のお正月迎えで、樋口さんが
お召しになられたお着物の柄。

ご注文くださいましたお客様は、
本では、柄がはっきりと見える訳ではないのですが
イメージと雰囲気がお好みで、
いつか作ってもらえる時には…と
ずっと想っておられたんだそうです。




下に柄が集まりますので、
地味な印象も無く、
訪問着とはまた一味違った
風合いになります。
色留袖は、先生も数回しか
作ったことのない貴重な作品との事。




お客様からお写真をお預かり致しまして
品川先生がイメージされたお客様のお色は
上品で品川先生らしい綺麗な色目の
「雪景色」が広がっておりました。

とっても素敵な色留袖に仕上がり
パーティーやお茶会など
様々な場面でお召しくださるそうです。
お客様にとっても、
特別な色留袖となりました。



| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »