« 紫陽花 | トップページ | 国展 第91回 »

2017年6月10日 (土)

吉岡正人 絵画展






吉岡正人先生は、
埼玉県「サトエ記念21世紀美術館」にて
約6ヵ月間の個展をされた他

エリザベス女王が、晩餐会をされたような
格調が高く、とても有名なホテルである
「東京会館」にて、
建て替えする前の最終企画として
展覧会に吉岡先生の作品が並んでおりました。








最近では、今年3月に京都ノートルダム女子大学へ
「最後の晩餐」が描かれた、
縦177cm×横708cm大作を寄贈されました。


約1年半の制作期間を費やした大作は
キリストを中心に12名の使徒が描かれております。
生命感を感じる様に、肌の質感をこだわり
柔らかな雰囲気を出すようにしているんだそうです。
背景の色や、表情、隅々にまでこだわり抜いた
“吉岡正人”が描く
「最後の晩餐」の大作が完成致しました。





そんな素晴らしい吉岡先生のお人柄は
とても優しく柔らかな、飾らない先生です。
ですが、作品を語る時は熱く、
内に秘める情熱を感じます。
作品に「生命」が宿っている
静かな世界がそこにあります。






|

« 紫陽花 | トップページ | 国展 第91回 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紫陽花 | トップページ | 国展 第91回 »