« 国展 第91回 | トップページ | 川野恭和の『手』② »

2017年6月16日 (金)

川野恭和 白磁展




上方銀花にとって7年ぶりの個展
「川野恭和 白磁展 ~暮らしの用の美~」が
本日より開催致しました。





川野先生も張り切ってくださり
沢山の作品を作ってくださいましたので
見応えたっぷりです。


ギャラリーで愛用している
川野恭和氏のコーヒーカップは
上方銀花の顔であり、
皆様から愛される存在です。

川野氏の仕事は、
師 瀧田項一氏より受け継いだ、
民芸の力強さと存在感を
感じさせる釉溜まりの中に、
ほのかな青みが残る爽やかな白磁。
そして、深みがありながら
透明感も感じさせる瑠璃も
とても魅力的です。



「身近に置いて楽しく使いたいものを作りたい」
との思いから生みだされる器は、
作り手としてのこだわりを感じます。
普段使いにピッタリで、見た目も美しく、
日常で活躍する器ばかりです。




本日は、川野先生と奥様が
ご在廊くださいました。
明日も夕方までいらっしゃいます。
暮らしの中に息づく川野氏の器を、
ぜひご高覧くださいませ。

|

« 国展 第91回 | トップページ | 川野恭和の『手』② »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国展 第91回 | トップページ | 川野恭和の『手』② »