« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

松﨑修 木工展





松﨑先生の作品は、普段使いにするには
とても扱いやすく、強くて、丈夫なのも
多くの方々から愛されている理由の一つです。

漆となると「ひび割れたり」
「しっかりと乾燥させて
柔らかい布で水分をふき取って…」と
普段に使うには、とても繊細なイメージがあります。

ですが、松﨑先生の作品は
刳りものなので、繋ぎ目が無く
割れる心配もありません。
長い間、使えば使う程に艶が出て
「黒なら朱色」が「赤なら黒色」が
薄っすらと下地の表情を魅せてくれます。






その楽しみを味わいながら
上方銀花のお客様方からは
食器はもちろんですが
中でも、一番は「お重箱」
融先生のお重箱から始まり、
修先生のお重箱も
とても重宝されております。






お正月にお重箱を使われますが
松﨑先生なら、その他にも色々な用途がございます。
バラして、一人一人のお皿として使って頂くのもよし
パーティーのお料理を入れて、一品料理として
テーブルの真ん中に置かれてもよし
使われる方のアイデア次第で、色んな使い道があり
ちょっとした工夫で見栄えも美しい楽しいお食事になります。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

とちおとめ

美味しい『いちご』







松崎先生から「とちおとめ」
お客様から「いちご」「ショートケーキ」

甘酸っぱい、ジューシーな果肉が
美味しいイチゴの季節になりましたね。






こんなに大きなイチゴも!

季節の贈り物に感謝しながら
皆で、美味しく頂戴しました。
いつも有難うございます。

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

松﨑修 木工展




昨日より開催しております
「松﨑修 木工展」





初日から修先生がご在廊くださっている為
沢山のファンの方々がお見えになられ
皆様、先生との会話を楽しみながら
作品に魅入っておられました。



また、河井一喜先生や
辻村塊先生・唯先生もお見えになられ
凄く豪華な空間に・・・

松﨑先生・河井先生・辻村先生

どの先生方も、お父様が偉大な作家。
その技術・精神を確実に引き継がれ
現在、精力的にご活躍されていらっしゃいます。
将来が益々楽しみな先生方です。








松﨑修先生のご在廊は、明日29日(日)が最後です。
ぜひ、この機会に作品についての熱い思いを
聞きながら、作品を御覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

松﨑修 木工展




明日より開催します
「松﨑修 木工展」の展示作業が
終わりました。

今回も力作揃いの作品が揃いました。






生まれた時から益子で育ち、
偉大な父・松﨑融氏の背中を
追い続けてきた修氏。

力強く一木から
美しいカタチを刳り抜き、
漆を施された独自の「刳り物」を
作り出される融氏の精神は、
長い修行を経て着実に
修氏へと引き継がれております。

使う人の為に手に馴染み深い形を作り、
漆を何度も塗り重ねることで丈夫に
優しい質感に仕上げて完成された
松﨑修氏の美しい無二の作品は
前回よりも更に
パワーアップしております。

先生は、初日27日(金)〜29日(日)
3日間 ご在廊くださいます。
ぜい、お出でくださいませ。

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

中田久美 人形展








中田久美先生の動物は、
柔らかな丸いフォルムで
癒される愛らしさがあります。

ひな人形と同じ、ちりめんで
優しいお顔に
体は刺繍が施されたりと
動物達の作品も魅入ってしまいます。







この「ぽっちゃり」とした猫は
上方銀花の為に、作ってくださいました。
どれもぽっちゃり体型の猫達は
思わず笑顔になりますね。






『中田久美 人形展』は
明日までの開催となりますので
ぜひ、お出で下さいませ。

| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

中田久美 人形展






中田久美先生が作り出す
身長50センチほどの市松人形は
それぞれに色んな表情を見せてくれます。






お顔や手足に表情を作り
目は、ご自身が吹かれたガラス玉。
そして、ちりめんでお仕立てする
着物の色や帯のデザインを選びます。







全体が出来上がれば、
髪に使う絹糸の原糸・すが糸を
色のバランスを考えて
一体分ずつ染め上げる工程の手仕事を
全てお一人で丁寧に愛情を込めて
作り上げます。




凛とした端正なお顔立ちの中に、
女性作家らしい
穏やかな上品さを感じさせる
中田久美先生のお人形は
美しいのはもちろん、
見ていると心が優しくなるようです。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

中田久美 人形展






シンプルな住空間にも合う
中田久美先生のお雛様。

時を経たちりめんの魅力が生かされ、
優美で上品な雰囲気が漂い
布ならではの柔らかな表情と
丸みを帯びたフォルムが
穏やかな品の良さを感じさせます。



どの雛人形も1つ1つを丁寧に布選びから
表情、着物の柄、そして頭飾り。
細やかな部分まで、中田先生のこだわりがあり
細部まで目が離せません。



また動物をモチーフとした作品も、
とっても可愛らしいですね。




中田先生の雛人形は、
女性の方ならご自身のお守りとして
お持ちの方が沢山いらっしゃる程、
他には無い中田久美先生らしい
魅力的な作品です。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

中田久美 人形展




上方銀花の2017年は、
中田久美氏の愛らしく
美しい人形で幕が開けました。

布ならではの柔らかな表情、
丸みを帯びたフォルムが
穏やかな品の良さを感じさる雛人形。



そして、古裂や手染めの
ちりめんのきものを着せ、
繻子の帯を締めた市松人形。

人形のお顔は、陶塑に胡粉を
何度も塗重ね仕上げた
温かみのある白さがあり、
凛とした眼差しは
いつもどこか遠くを見つめています。
今回は、雛祭りを前に
雛人形を中心とした、市松人形、
可愛らしい動物達の作品が並んでおります。

数に限りがあるため、
お早めに御来廊くださる事をお勧めします。
ぜひ、お気に入りの子を見つけてくださいね。



時を経たちりめんの魅力が生かされ、
優美で上品な中田氏の人形を
どうぞ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

2017年 新年のご挨拶





新年 あけましておめでとうございます。

皆様は、良いお年をお過ごしに
なられましたでしょうか。
上方銀花は、長い年末年始休業を
頂戴しておりましたが
本日より、通常営業致しております。

そして、2017年スタートを
飾ってくださるのは
「中田久美 人形展」でございます。
明日13日(金)より開催致します。
ぜひ、お楽しみに!




本年も笑顔溢れる幸せな年になりますように…
何卒、宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »