« 倉敷ガラス 小谷眞三 作品展 | トップページ | モモヤさん「わらび餅」 小谷眞三:浅鉢 »

2016年6月 9日 (木)

倉敷ガラス 小谷眞三 作品展

今年の9月11日、有難いことに
上方銀花は30周年を迎える事になります。
そこで、小谷先生に何か
作品制作に対しての理念を一言頂きたいとお願いしたところ
今回、特別に直筆で書いてくださいました。

最初は、小さなA4サイズの紙に書いていたそうなのですが
「これじゃダメじゃ」という事で、大きな大きな和紙に
力強く丁寧に書かれた、先生の思いが込められた書。

16

工芸の原点

「自然を愛し
人を愛し
仕事を愛す
その仕事に
責任をもつ」

柳宗悦 民藝美論より

なかなか思っていても忘れがちな事。
小谷先生は、原点を忘れず
常に使う方の喜び顔を思い浮かべ
職人として、ひたすらに「倉敷ガラス」に生き、
ただ黙々と作ることから
どんな困難や苦労があっても、
楽しみを見出し、喜びを生み出してこられました。

おひとりで全ての作業をこなし、ダンスを踊るかのような
リズムで、よどみなのない動きの中から
自然と生み出される素直な形には、
使う人に心地よい喜びを感じさせてくれます。

多くの方に愛される理由も、この「工芸の原点」あってこそ。
今回は、残念ながらご在廊頂く事は出来ませんでしたが
この書があることで、先生が傍にいて下さっているような
先生の真面目で威張らない(ちょっぴり茶目っ気のある)お人柄が
書からも表されているようです。

17

18

倉敷ガラス 小谷眞三 作品展は、
13日(月)までの開催となります。
沢山の作品を御覧頂ける機会ですので、
ぜひ、皆さま足をお運びくださいませ。

|

« 倉敷ガラス 小谷眞三 作品展 | トップページ | モモヤさん「わらび餅」 小谷眞三:浅鉢 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉敷ガラス 小谷眞三 作品展 | トップページ | モモヤさん「わらび餅」 小谷眞三:浅鉢 »