« あかり展―荒川尚也(ガラス)- | トップページ | 矢澤金太郎 指物家具展 -繋ぐもの- »

2016年3月 8日 (火)

石倉創・康夫  桜の一枚板コンソールテーブル

17

「あかり展」と共に展示をしておりました
こちらの飾り台。

石倉創先生・康夫先生の「鍛鉄の脚」
岡井大介先生の「桜の一枚板の天板」で作られた
スマートな飾り台は
今回、初お披露目でございました。

昨年からの計画で、
春の季節に合わせて特別に作って頂いた
上方銀花オリジナルの作品です。

20

桜は、弱く大きく育つのが難しい木だそうで
こんなにも分厚く大きな一枚板は
なかなか手に入りません。
また、しなやかな強さを持っている為
硬くて丈夫、そして磨くと光沢の出る特徴がございます。

19

そして、土台となる「鍛鉄の脚」は
石倉先生ご兄弟が、鉄の美しさを出すため
極限まで打って引き出されたもの。
その一打ち一打ちに魂が込められた鉄の表情と
石倉先生ならではの研ぎ澄まされたシャープな細い線は
他には無い、美しい鍛鉄の作品として生まれます。

この夢のコラボレーションで
一足早く、上方銀花の春はやって来ました。

18

瀬本容子先生の「桜」の作品と共に
展示しておりますので、ぜひご高覧くださいませ。

|

« あかり展―荒川尚也(ガラス)- | トップページ | 矢澤金太郎 指物家具展 -繋ぐもの- »

貴方だけのオリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あかり展―荒川尚也(ガラス)- | トップページ | 矢澤金太郎 指物家具展 -繋ぐもの- »