« ミズタニコウジ・石倉創・康夫 ~ガラスと鍛鉄~ | トップページ | 小倉裕史「楽琵琶」 »

2015年7月 2日 (木)

ミズタニコウジの「ステンドグラス」

現在開催中のミズタニコウジ先生と
石倉創・康夫先生による「ガラスと鍛鉄」展

こちらは、ミズタニ先生の「ステンドグラス」

3_2

15

デザイン画もお持ちくださり3枚で1組になる形なんです。
今回は、特別に制作途中の作品もお持ちくださり
どのようにして作られているのかも
ご覧頂ける形となっております。

このステンドグラスの中で印象付けられる
深みのある鮮やかな「赤い」板ガラス。
こちらは、シアトルで作られたものだそうで
アンティークを思わせる
少しデコボコとした波打った表面をしています。

16

20

そして、中心を縦に並んでいる丸いガラス。
こちらは、ミズタニ先生のこだわりの抜いて作られたもので
一度、吹きガラスで吹いた後直ぐに
平らにさせた、少しふっくらとした柔らかさのあるガラスです。
一番大きな円の中には、ライトにも使われている
透明なガラスの中に、いくつもの種類がある
螺旋状に巻かれた細い線は
今回、テーマにもされている「レース」を
モチーフにされたんだそう。
この、透明と白の加減がライトや光によって温かみがあったり
涼しげであったりと色んな演出してくれます。

またステンドグラスは、ドアや窓に置かれたり、
埋め込まれたりと光の加減で表情が変わるので、
時間帯によって、どんな表情になるのかな~と
楽しみになりますね。

13
今展では、表はもちろんなのですが
裏側に移りこんだ影も美しいことで
沢山のお客様方に大好評でございます。

|

« ミズタニコウジ・石倉創・康夫 ~ガラスと鍛鉄~ | トップページ | 小倉裕史「楽琵琶」 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミズタニコウジ・石倉創・康夫 ~ガラスと鍛鉄~ | トップページ | 小倉裕史「楽琵琶」 »