« 森暁雄 桜蒔絵 ステーションネックレス | トップページ | 亀屋陸奥「松風」 »

2015年3月21日 (土)

セキノヨシヒサ バック展

16


こちらは、セキノ先生がずっとご使用になられているバッグです。
なんと25年以上もの年月が経っているんです。

それなのに色落ちすることなく、使うことで柔らかくなった皮。
ここまでしなやかな皮になりますと
とっても使いやすくて、手放せないバックなんだそうです。

パソコンや、本、重いものを入れても今まで潰れたことの無い
丈夫さもあるので、セキノ先生は実際に、
普段出歩くときや、出張など
日常的に、頻繁に持ち歩いていらっしゃいます。

17


セキノ先生の、いいものほど愛情を注げば
長く使えるんだという、物を大切に思う気持ちが
先生が作られるバックから、とっても伝わってきます。

|

« 森暁雄 桜蒔絵 ステーションネックレス | トップページ | 亀屋陸奥「松風」 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森暁雄 桜蒔絵 ステーションネックレス | トップページ | 亀屋陸奥「松風」 »