« 新年のご挨拶 | トップページ | 松﨑先生とほっこり »

2015年1月16日 (金)

松﨑融 木工展 ー縄文の赤・太陽の赤ー


Matsu1
Matsu2

本日より、開催いたしました
「松﨑融 木工展 ー縄文の赤・太陽の赤ー」

初日から3日間は、松﨑先生が
栃木県よりお越しくださっております。

どれもたっぷりとした重厚感のある作品達は
上質な漆塗でザラザラとした表情をしています。
とても強く、普段使いとしても
永くお使い頂ける贅沢な器。
使えば使うほど美しくなります。

松﨑先生の[縄文の赤・太陽の赤]の作品はもちろん
お重箱、茶箱や硯箱などにお使い頂けるような蓋もの、
棗や茶器、盒子、水指、茶盌などのお茶道具
松﨑先生の力作が沢山お届けくださいました。
新作もございます。

上方銀花では、松﨑融先生と
造られた作品達に魅了され続けて30年の時が流れました。
沢山の出会いと幸せを与えてくださいました。
ぜひ、「幸せの真骨頂」を
実際に作品をお手にとって実感してみてくださいませ。

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 松﨑先生とほっこり »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年のご挨拶 | トップページ | 松﨑先生とほっこり »