« 松﨑修 木工展 | トップページ | 寺田琳 絵画展 »

2014年3月21日 (金)

松﨑修先生の『手』

Ma10

Ma9

Ma11

松﨑修先生の『手』
ふっくらと分厚く、温かみのある手。
豆がある手のひらからは、努力と強さを感じます。

修先生のお父様である、松﨑融先生の仕事姿はとても力強く、
大きな手から美しい無二の形が生み出されます。
そしてその父の仕事は、ご子息に引き継がれました。
楽しみにしておりました修先生の「上方銀花」初めての個展。
長い修行を経て作り出された作品は
それはそれは、松﨑先生の精神を見事に引き継ぎ
美しい作品がこの『手』で生み出されています。

小さい頃を知っているオーナーにとっては、
たいへん頼もしく、嬉しい限りでございます。
これからの活動が楽しみです。

|

« 松﨑修 木工展 | トップページ | 寺田琳 絵画展 »

作家の『手』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松﨑修 木工展 | トップページ | 寺田琳 絵画展 »