« 森岡由利子の白磁と李朝家具展 | トップページ | オートジュエラー森暁雄展 »

2013年11月23日 (土)

大倉節子コレクション展

今回は、大倉節子コレクション展の中からショールを2点ご紹介致します。

大倉氏が選ばれるショールは、畳まれている時と
人が羽織っている時では、全く違う表情になり
お着物、パーティードレス、普段着など、どんな時でも
変化し、お召しになられた方を華やかに演出します。

Okura0

Okura01

こちらの毛皮付きショールは、とってもボリュームがあります。
毛のフワフワ感と細かなショールの文様が
動くことによってエレガントに揺れ動きます。

Okura04

Okura05
こちらのオーガンジーのショールは、フランス、パリ在住
舞台装飾家のYsabel de Maisoneuvreの作品でございます。
彼女自身が染めて作られたショールです。
1枚1枚が、綺麗で上品なお色に染め上がっており、
薄い生地の中にもう一枚生地を挟んでいるので
光に当てた時の透けた感じが大変美しくあります。

ショールは、多様な巻き方がございます。
私共も巻き方を色々と試していると、楽しくなり
ショールの素晴らしさを改めて再確認致しました。

そして、ショールに限らず、大倉氏の選ばれたものは
こちらもワクワクな気持ちにさせてくれるものばかりです。

Okura08

|

« 森岡由利子の白磁と李朝家具展 | トップページ | オートジュエラー森暁雄展 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森岡由利子の白磁と李朝家具展 | トップページ | オートジュエラー森暁雄展 »