« 冨長先生 おめでとうございます! | トップページ | ラムネ »

2013年9月30日 (月)

レオニ―

Epson002

天才彫刻家イサム・ノグチを生み育てた、母レオニ―・ギルモアの生涯を描いた作品

「レオニー」

この夏に海外版として再編集し生まれ変わったこの映画は、

アメリカ全土、世界各地を廻り好評を博しました。

こちらの映画は、順子さんと仲良しでもあるヴァグリエの子安一子先生の

御友人でいらっしゃる松井久子監督がつくられました。

7年もの歳月をかけて制作されたそうです。

そして、松井監督は、「レオニ―」にこんなメッセージを込めました。

「誰の人生にもさまざまな不幸はあるものだけど

女性には、それを受容してプラスに転化していきていく力がある。」

今、生きている私達に必要な事を問われているように思います。

美しい風景のなかで繰り広げられる、切なくも力強い、一人の女性の人生が

描かれた世界は私達にどのようにうつるのでしょうか。

こちらの映画は大阪で1日限定で上映されます。

■映画『レオニ―』上映と監督トークの集い

2013年10月19日(土)

会場:ドーンセンター・ホール(大阪府立男女共同賛画・青少年センター)

午前の部は(10:00開場)

午後の部は(13:30開場)

|

« 冨長先生 おめでとうございます! | トップページ | ラムネ »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冨長先生 おめでとうございます! | トップページ | ラムネ »