« 長江重和 「恋する卵」 | トップページ | 2013 春の文楽観賞会① »

2013年4月16日 (火)

河村守のリフォーム ダイヤペンダント

Img_3603

お母様がお使いにならなくなったダイヤの立て爪リングから、
お若い方でも普段遣いできるようなペンダントへのリフォームを
承りました。
河村守先生にデザイン、加工をお願い致しました。

枠から外し、ペンダントに加工してみると、リングで見ていた時よりも
大きなダイヤに感じられました。
白い輝きが非常に美しく、お洋服を選ばないシンプルなデザインで
ご制作頂きました。
ダイヤを枠で囲む、覆輪留になっています。
爪のひっかかりがなく、石の美しさをより際立たせています。
18金のチェーンにはアジャスターをつけて、長さが少し調節できる
ようになっています。
長さを調節した時にもトップの位置は真ん中に動かせるよう、
トップとチェーンは直付けになっておらず、ダイヤの後ろでチェーンが
動くように考えられています。

Img_3629

Img_3627

ブラウンダイヤのリフォームは、別のお客様から承りました。
もともと、当方でお求め頂いた西洋アンティークのリングだった
ものです。
ダイヤがお好きなお客様ですが、こちらのリングは石がお好み
より大きすぎて、活躍の場が少なかったそうです。
思いきって、よく使えるようなペンダントをとリフォームなさいました。
ダイヤが少し歪でしたので、枠には小さな爪をつけています。
同じデザインでも、石の色味によってイメージが変わります。
アンティークのリング枠は細工が綺麗でしたので、他の石を入れて
お納め致しました。

|

« 長江重和 「恋する卵」 | トップページ | 2013 春の文楽観賞会① »

貴方だけのオリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長江重和 「恋する卵」 | トップページ | 2013 春の文楽観賞会① »