« 鞆岡隆史の『手』 | トップページ | 倉橋佳子先生傘寿&メタルビーズ40周年 »

2013年3月 5日 (火)

鞆岡隆史「花木展」

Img_3925

Img_3926

Img_3927

鞆岡先生の作品には、静かな空気が流れているようです。

花や木の美しさもはもちろんですが、背景の真っ白な空間が
非常に印象的です。
自らの中に自然と備わった絶対美学、黄金比が、心地よさを
感じさせます。

デジタルカメラで撮影された植物たちですが、撮影後に余分な
花を消したり、背景を白くしたりという加工はいっさい加えて
おられないということに驚きます。
真っ白な背景のスタジオに、被写体であるお花の鉢や木、実などを
並べられて、撮影する前に予め、どのような作品に仕上げるかを
構成していかれます。
本来は水に浮かんでいる蓮も、生産者さんのもとを訪れ、作品に
適したお花を選ばれます。
いくつもの鉢をスタジオに持ち込んで、このリアリティー溢れる
美しい作品が生み出されていくのです。

|

« 鞆岡隆史の『手』 | トップページ | 倉橋佳子先生傘寿&メタルビーズ40周年 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鞆岡隆史の『手』 | トップページ | 倉橋佳子先生傘寿&メタルビーズ40周年 »