« 竹内瑠璃 九谷色絵展 | トップページ | 小倉裕史の楽琵琶 »

2013年3月19日 (火)

竹内瑠璃 九谷色絵展

Img_0390

Img_0399

Img_0401

昨日に引き続きまして、上絵付けの作品の制作のご様子を
ご紹介致します。

片口に、とても丁寧に細かな絵付けがなされています。
真っ白な磁器の上に、竹内先生の手によって、みるみる
繊細で美しいが施されていきます。
近視だという竹内先生、絵付けは全て裸眼でなさるのだそうです。
線描きと金彩を施してから焼成。
続いて和絵具で色を挿していかれます。
修業時代は、染付を手掛ける師匠のもとで学ばれ、現在の作品の
中心となっている色絵のお仕事は、ほぼ独学で習得なさったもの
だそうです。

不透明の白い和絵具がのせられました。
これを焼成すると、グレーのような紫のような、深みのある色に
なります。
実物の片口は、今回出品くださっておりますので、ぜひ実際に
ご高覧くださいませ。
こちらは、「弦月」と名付けられたシリーズの作品です。

Img_3662_2

Img_3996_2

Img_4023

|

« 竹内瑠璃 九谷色絵展 | トップページ | 小倉裕史の楽琵琶 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹内瑠璃 九谷色絵展 | トップページ | 小倉裕史の楽琵琶 »