« 矢澤金太郎・良平 木工家具展 | トップページ | VAGRIE 子安一子 バッグ展 »

2012年11月23日 (金)

矢澤良平の『手』

Img_3238

Img_3239

矢澤良平先生の『手』。
作品から感じるとの同じく、やさしさを感じます。

重厚感ある金太郎先生の作品に比べ、良平先生の作品は
すっきりとしたモダンなイメージ。
拭き漆というと“和”の印象が強くなりますが、“洋”の雰囲気が
漂う作品を心がけておられるそうです。
現代的な住居にもマッチする家具です。

金太郎先生には古くからお世話になっており、これまでに
多くのお客様に家具をお納めさせて頂きました。
中にはこだわりの、特注家具も。
2代3代と渡って作品をご愛用頂いているお客様もおられますが、
今回のように親子展としてご子息の作品も展示させて頂ける時が
来るなんて…!
実に心強く、頼もしいことです。

Img_3251

|

« 矢澤金太郎・良平 木工家具展 | トップページ | VAGRIE 子安一子 バッグ展 »

作家の『手』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢澤金太郎・良平 木工家具展 | トップページ | VAGRIE 子安一子 バッグ展 »