« 「徳永順男 創造する椅子」展のご案内 | トップページ | 藤平寧の『手』 »

2012年11月 6日 (火)

藤平寧 作陶展

Img_2994_2

Img_3063

古代ローマ時代に、戦地へと赴く夫を想い妻が流した悲しみの
涙を溜めたと言われる「涙壷」。
愛しい人を想って流す涙は恋の水として、薬として使われて
いた頃もあるといいます。

藤平寧先生の手による涙壷は、先生らしい優しく和やかな
フォルム。
悲しみの涙だけではなく、「喜びの涙」が似合います。
栓を外して野の花を活けたり、良い香りの香水を入れてみたり。
また、お茶事の振り出しとしてお使い頂いても面白そうです。
そばにあって心を気持ちよく癒してくれるもの。
それが芸術の本質であり、真実に美しいものであります。

|

« 「徳永順男 創造する椅子」展のご案内 | トップページ | 藤平寧の『手』 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「徳永順男 創造する椅子」展のご案内 | トップページ | 藤平寧の『手』 »