« 藤平寧 作陶展 | トップページ | 「徳永順男 創造する椅子」展のご案内 »

2012年11月 3日 (土)

藤平寧 作陶展

Img_3004

Img_3038

まるで、水の色を表しているかのような色。
独特の美しいブルーが、藤平寧先生の作品によく見られます。

伝統に培われた釉薬も、藤平先生の手にかかるとモダンで
洗練された印象になります。
土の味をやカタチの面白さを大切になさるので、邪魔にならない
ようにとお使いになる釉薬はシンプルです。
お料理を持った時に様になるような大きさ、手に馴染みのいい
大きさを考えて作られた器は、お料理をよく引き立たせることから
料理人にファンが多く、また、花器はお花が生き生きと映えるので
華人にも愛されています。
軽やかで瑞々しい、使いやすい器です。
どのような用途で使われるかを限定させたくないとの思いから
つけられる作品のタイトルにも、藤平先生らしい和やかさを感じ
ます。

「はるか」
「そら」

|

« 藤平寧 作陶展 | トップページ | 「徳永順男 創造する椅子」展のご案内 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤平寧 作陶展 | トップページ | 「徳永順男 創造する椅子」展のご案内 »