« 安部宏 作陶展 | トップページ | 吉野光宝 御所衣装人形展 »

2012年9月18日 (火)

安部宏の『手』②

Img_2515_2

Img_2517_2

安部宏先生の、しなやかな『手』。
決して大きくはなく、すべすべしたかわいい手です。

この手から生み出される作品は、私たちの日々の暮らしの
食卓を彩ってくれる、やさしい器です。
近頃では日本料理の料亭のみならず、洋食のお店からの
引き合いも多いそうで、嬉しく思います。
温かく穏やかなお人柄にファンも多く、ご来廊くださった期間
楽しい時を過ごさせて頂きました。
舩木研兒先生のもとで学ばれた民藝の精神は、独立後に
自らの作陶を求めて土と向き合ってこられた安部先生の
作品の中に、確かに受け継がれています。

研兒先生の弟君である、舩木倭帆先生のもとで修業された
ガラス作家の村上恭一先生と共に、記念の一枚を撮らせて
頂きました。
村上先生には来月の展覧会で、お世話になります。

安部先生の作品は、会期終了後、1号店にて引き続き
展示しております。
どうぞご高覧くださいませ。

Img_2518

|

« 安部宏 作陶展 | トップページ | 吉野光宝 御所衣装人形展 »

作家の『手』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安部宏 作陶展 | トップページ | 吉野光宝 御所衣装人形展 »