« 林美木子 五節句板絵「七夕」 | トップページ | 山形のさくらんぼ »

2012年7月 6日 (金)

柳崇 段熨斗目の訪問着

Noshime

Img_1012

お客様にご注文頂いておりました、柳崇先生の上下熨斗目の
訪問着。
段熨斗目とも呼ばれます。
お客様のお好みに合わせて、お茶席にもよく馴染む、グリーン
がかった茶とグレーを用いて、縦長の市松文様の地紋に
織り上げて頂きました。
これから紋をおひとつお入れして、お仕立てさせて頂くところです。
織り上がりまで、永らくお楽しみにお待ち頂きました。

艶やかな光沢感を大切になさって、国産の糸にこだわり、全ての
工程をおひとりでなさる柳崇先生。
天然染料で染められた糸の光沢の美しさに、柳先生が織物に
注がれる情熱を感じます。

上下熨斗目は、一見大胆で個性的に感じられるかもしれませんが、
武家の礼装の小袖や、能・狂言の衣裳にも見られる伝統的な
柄付けです。
今の時代には、かえってモダンにうつるかもしれません。
正倉院文様などの、格式ある帯を締めて頂きたいきものです。



|

« 林美木子 五節句板絵「七夕」 | トップページ | 山形のさくらんぼ »

美しいきもの」カテゴリの記事

貴方だけのオリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 林美木子 五節句板絵「七夕」 | トップページ | 山形のさくらんぼ »