« 坂田ルツ子 フェルトワーク展 | トップページ | 坂田ルツ子 フェルトワーク展 »

2012年1月21日 (土)

坂田ルツ子 フェルトワーク展

Img_0905

Img_0906

カラフルに染められた羊の原毛を用いて、作りあげられる
坂田ルツ子先生の作品の世界。
原毛を広げて石鹸水をかけ、手でひたすら揉んだりしながら
圧力をかけて繊維同士を互いにからませて、縮絨させます。

写真は、葉っぱ形に作られたマット。
大きく分厚さのある作品ですが、どこにも継ぎ目がない
一枚のフェルトです。
大きな作業台いっぱいに広げられた原毛をしっかりとフェルト化
させるためには、根気と体力が必要です。
ブルーのグラデーションも美しいマットは、北欧の羊の毛が
用いられています。
寒い地に暮らす羊だけあって、その羊毛で作られたマットは
しっかりと丈夫で保温性に優れ、上に座るとホットカーペットの
ようにぽかぽかと温もりがあるそうです。

フェルトの歴史は古く、ノアの箱舟の話にも登場しています。
日本では、正倉院御物の中にも奈良時代に伝えられた毛氈が
いくつかあり、数年に一度、正倉院展に出品されているよう
です。
山羊の毛から作られるモンゴルのゲルのように、遊牧民の
テントや敷物にも用いられ、暮らしの中の必需品として愛用
されています。

|

« 坂田ルツ子 フェルトワーク展 | トップページ | 坂田ルツ子 フェルトワーク展 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。