« 玉井禎晋 モダン盆栽展 | トップページ | 玉井禎晋 モダン盆栽展 »

2011年12月16日 (金)

イカットの帯から

Img_5047

3


Img_0733

更紗展の折に展示されていた、手織りイカットの
九寸帯。
インドネシアの儀式に用いられるイカットの技法を、
帯に上手くとりいれ、素朴な織味と絣で表された文様が
面白いものでした。
エスニックな香りの生地が着物姿に味付けをしてくれる
帯でしたが、九寸帯から男物の角帯にお仕立てなさった
お客様がいらっしゃいました。
表裏で柄行きが異なる、リバーシブルの帯にお仕立て
して、装いによってどちら側をなさるか、楽しんで頂ける
角帯が出来ました。

しっかりとした手織りの帯地が十分に残っていましたので、
お揃いの信玄袋もお作りさせて頂きました。
お父様へのプレゼントということで、オリジナルの素敵な
角帯と信玄袋になりました。
同様に、お残り布でご自分の信玄袋とお嬢様用のバッグを
お仕立てになられたお客様も。
生地をどれだけ有効に使えるかと、あれこれ思いを巡らせて
頂くことも、お着物の楽しみのひとつですね。
Img_5750

|

« 玉井禎晋 モダン盆栽展 | トップページ | 玉井禎晋 モダン盆栽展 »

美しいきもの」カテゴリの記事

貴方だけのオリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉井禎晋 モダン盆栽展 | トップページ | 玉井禎晋 モダン盆栽展 »