« 倉敷ガラス 小谷真三 作品展 | トップページ | お手製の栗の渋皮煮 »

2011年10月30日 (日)

小谷真三の『手』

Img_5374_1

Img_5375_1

展覧会の会期直前まで高山にお出かけで、お疲れのところ
初日に加えて2日目もご在廊くださった小谷真三先生。
その活動的なご様子には、頭が下がります。
80歳を過ぎられた今も精力的に制作され、また、お若い
後進の方々にも熱心にご指導なさっておられます。

素朴な温かみを感じさせる吹きガラスは、このしっかりとした
厚みのある手から生み出されます。
ひたすらに「倉敷ガラス」に生き、ただ黙々と作ることから
新たな仕事の喜びを知った小谷先生。
おひとりで全ての作業をこなし、ダンスを踊るかのような
リズムで、よどみなのない動きの中から自然と生み出される
素直な形には、使う人に心地よい喜びを感じさせてくれます。

「健康で、無駄がなく、真面目で、威張らない」
その信念のなかには、小谷先生の作品のみならず、
お人柄もよく表されています。

Img_5452_1

|

« 倉敷ガラス 小谷真三 作品展 | トップページ | お手製の栗の渋皮煮 »

作家の『手』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉敷ガラス 小谷真三 作品展 | トップページ | お手製の栗の渋皮煮 »