« 林まさみつの『手』 | トップページ | 林まさみつ 竹工芸展 »

2011年7月26日 (火)

西端良雄 お椀の蓋

Img_3775

Img_3772

10年以上ご愛用頂いて、いい艶の出た西端良雄先生の
お椀に合わせて、新たに蓋をお作りいただくオーダーを
承りました。

ぽってりと厚みのある、木地を贅沢に使用したお椀に、
同じく梅の花のような線が刻まれた蓋が出来あがり、
毎日のおつゆの他にも、少しあらたまったお料理にも
お使い頂けるような蓋つき椀になりました。
永らくご愛用頂くうちに、蓋の色艶も徐々に変化し、
またいい風合いの作品へと成長していきますことでしょう。

口当たりがやさしくやわらかで、手にも馴染みのいい
西端先生のお椀は、上方銀花の顔ともいえる作品です。

|

« 林まさみつの『手』 | トップページ | 林まさみつ 竹工芸展 »

貴方だけのオリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 林まさみつの『手』 | トップページ | 林まさみつ 竹工芸展 »