« 多田利子 五月人形 | トップページ | 福田正孝の世界 »

2011年4月 2日 (土)

福田正孝の『手』

Img_3260

Img_3258

M.Fukudaと刻まれた、丹念に作られた美しいブレイドと、
素材の魅力を存分に活かした手に馴染むハンドルは
この手から生み出されます。
繊細で緻密な仕事をこなす、福田正孝先生の『手』です。

金属であるブレイドには滑らかさを感じ、スタッグや象牙、
木などでつくられたハンドルはしなやかな感触です。

今日も福田先生のナイフがお好きな、熱い方々がお越しください
ました。
根付の作家さんや、ナイフの作家さん、包丁や日本刀の鍔の
職人さんまで。
ナイフ談議に花が咲き、お話を伺うほどに福田先生の仕事の
奥の深い美しさに感動をおぼえました。

|

« 多田利子 五月人形 | トップページ | 福田正孝の世界 »

作家の『手』」カテゴリの記事

コメント

楽しい時間をありがとうございました。

投稿: 片山重恒 | 2011年4月 4日 (月) 00時28分

片山重恒様。
コメントを有難うございます。
先日は、ご遠方から足をお運び下さいまして、誠に有難うございました。
色々と教えて頂いて、私共も楽しかったです。
片山様のお仕事は、古くから脈々と受け継がれてきた日本の伝統であり、その技を守り後世に伝えることは、
使命感もありやりがいもある素晴らしいことだと存じます。
そのような文化や伝統の美を守るべく、私共も成長していきたいと思います。
またのご来店を、心よりお待ちしております。

投稿: 上方『銀花』 | 2011年4月 4日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多田利子 五月人形 | トップページ | 福田正孝の世界 »