« 釣鐘屋本舗の「釣鐘まんじゅう」 | トップページ | 冨長敦也「広場 鳩のいる風景」 »

2010年5月24日 (月)

山ぶどうの籠バック

100524

3号店で今、山形の山ぶどうのバックを展示しております。
外国産の山ぶどうは紙にたとえられ、国産の山ぶどうはゴムにたとえられるほど、国産の山ぶどうのつるは丈夫で、1本で車1台をひっぱることができるそうです。
水にも乾燥にも強く、雨に濡れても乾かすだけで元に戻ります。
使えば使うほど艶が出て柔かくなり、小さなお孫さんに、そのお孫さんがおばあさんになるまで、ますます味わいを増しながら、その子の子供さんまでも、永く使い続けていただきたい逸品です。

山ぶどうの籠バック展

|

« 釣鐘屋本舗の「釣鐘まんじゅう」 | トップページ | 冨長敦也「広場 鳩のいる風景」 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣鐘屋本舗の「釣鐘まんじゅう」 | トップページ | 冨長敦也「広場 鳩のいる風景」 »