« 『赤の世界』展 | トップページ | 近隣の風景  長瀬川の桜 »

2009年4月 6日 (月)

『赤の世界』展

090406

倉橋佳子メタルビーズバッグ「ペルシャ風」(左)
                       「ペーズリー」(右)
 パリでも廃れてしまったメタルビーズを、材料から研究して現代の日本の地で蘇らせた倉橋先生の情熱があふれた作品。
宝石とはちがったおちついた色のきらめきが素敵です。
倉橋先生のメタルビーズバッグは、美智子妃殿下もご愛用になられています。

『赤の世界』展

|

« 『赤の世界』展 | トップページ | 近隣の風景  長瀬川の桜 »

企画展のご紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。