2019年8月 9日 (金)

上方銀花 夏季休廊のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。
ここ最近、ブログの方を
ご無沙汰してしまい申し訳ございません。
いつも上方銀花をお引き立てくださいまして、
誠に有難うございます。

誠に勝手ながら
2019年8月10日(土)~ 8月21日(水)まで
長期のお休みを頂戴致します。

メール等で頂戴致しました
お問い合わせへのご返信も申し訳ございませんが、
休業明けとなりますのでご了承くださいませ。
22日(木)より通常営業いたします。
11:00-18:00 ※水曜休廊

台風が気になるところではございますが
厳しい猛暑が続いておりますので
皆様くれぐれもお身体大切に
お過ごしくださいませ。

皆様のご来廊を心より
お待ち申しあげておりますので、
よろしくお願いいたします。


また、お休み明けの個展では
グラステーラー吉田直樹氏が創り出す
オーダーメイド眼鏡展を上方銀花では
初めて開催致します。

Photo_20190809194501
●「グラステーラー吉田直樹 オーダーメイド眼鏡展」
 2018年9月6日(金)~9月14日(土)

様々なメガネのデザインから、素材まで
お一人お一人に合わせて作られる眼鏡は
付けているだけでワクワクした気持ちになり
特別感があります。
色んなご相談も承りますので、
オリジナル眼鏡が欲しい方
眼鏡でお悩みの方
自分にぴったりの眼鏡が知りたい!という方など
この機会にぜひお出でくださいませ。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

夏の上方まつり~半期に一度の大感謝セール~

Photo_20190727193601

 

本日より、開催致しました
【 夏の上方まつり ~半期に一度の大感謝セール~ 】
会期:2019年7月26日(金)~8月4日(日)

 

「上方まつり」をご存知ですか?

 

昭和62年 第1回「上方まつり」を開催した時、
行列が出来たのには驚き、スタッフと大勢のお客様に
うろたえた事を 懐かしく思い出されます。
あれから33年、行列は叶いませんが
上方銀花には、お宝が山のようになりました。
令和になって初めての大感謝セール。
お宝探しにお出かけくださいませ。

 

絵画・器・ガラス・木工家具
お着物は、涼しげにお召し頂きたい夏の薄物単衣
袷・帯・和装小物
また、ジュエリー・ストールやバッグなど

 

何が出ているかは、来てのお楽しみ。
上方銀花の大切な宝物の数々を
特別価格で大奉仕させて頂きます。

 

※勝手ながら、8/10(土)~8/21(水)は
お盆休みを頂戴致します。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

角居康宏 錫器展

Img_2074

古くから皇室では錫の器が使われてきました。
いまでもお酒のことを「おすず」と呼ぶそうです。

Img_2211

Img_2120

錫は熱伝導率が高い金属ですので、
燗に、また冷酒にすばやくかつ芳醇につかります。
冷たい飲み物を中に注ぐとその冷たさを手にも心地よく感じさせます。
お使いになる前に冷蔵庫で冷やしておかけると、一層効果的です。

Img_2214

錫にはお酒をまろやかにする効果があり、
キリッと冷えた日本酒が
美味しいこれからの季節には重宝しそうですね。

Img_2204

Img_2154

また、錫には水を浄化する力があるため、
錫で作られた花器では、
花が長持ちするなどの効果があります。


Img_2116

角居先生が作られる作品には
キメ細いマチールとして槌目の種類が沢山あり
同じ形でも、様々な表情を見せてくれるのも
使う方の楽しみの一つです。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

角居康宏の『手』

 

Img_2142

↑学生時代はラガーマンだった角居康宏先生の『手』
とても厚いです。

 

2年前の金沢にて開催された
「KOGEI アートフェアKanazawa 2017」が
角居康宏先生との出会いでした。

 

先生が作られた錫のお重箱の作品がとても美しく
目を離せなかったことを思い出します。
そこから、念願であった個展を
開催して頂けるまでになりました。

 

Img_2109

Img_2099

角居先生が創り上げる錫器は
直線的な金属の硬さだけでなく
曲線を意識された柔らかさも感じ
今までにない造形作品も手掛ける
角居先生ならではの
美しいフォルムが魅力的です。

Img_2123

Img_2115

2日間御在廊くださり、作品について
お客様のアイデアを聞き、
そこから発展した閃きのお話をされ
また、どんどん違う引出しを開けてくださるので
話の花が咲き続けておりました。

作品に対して、錫と向き合いあれこれと考えながら
色んな事を試し、発見を繰り返し
誠実に制作を続けておられるからこそ
どんな時でも、作品の構想を
考えておられるのだと思います。
丁寧に誠実に作られていることが
作品から伝わってくるようです。

Img_2140

Img_2160

先生ご自身も、あったかいお人柄で
上方銀花のお客様方も
とても楽しまれていらっしゃいました。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

角居康宏 錫器展

Photo_20190712181301

本日より開催致しました
【角居康宏 錫器展】
初日には、長野県より角居先生が
朝から御在廊くださっておりました。

 

Img_2138_20190712195901

 

角居康宏先生は、
金沢美術工芸大学 美術工芸学部
産業美術学科 工芸デザイン専攻を卒業。
錫で食器、インテリアエクステリアなど
クラフトワークを手がけ、アートワークでは
火によって金属が 融ける姿に始原を感じたことから
「始まり」をテーマに制作されていらっしゃいます。
Img_2081

Img_2102

 

今展では、暮らしの器から、酒器やお茶道具が
上方銀花に届きました。
造形作品も手掛ける角居氏ならではの「錫」の表現を
ぜひ、ご高覧くださいませ。
上方銀花、初個展です。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

矢澤金太郎 指物家具展「鍵付き小箪笥」

Photo_20190705185001

作品は今回のために作って頂いた
「鍵付き小箪笥」です。
サイズ、デザインは定番の小箪笥と一緒で
W95.4×D41×H90cm

今までの作品では無かった
最上段の右側の引き出しに鍵を付けた
新しい小箪笥です。
過去に、大切なものをちょこっと入れるところが欲しい
子供に触られたくないものを収納できる引き出しが欲しいと
鍵を希望される方が何人かいらっしゃった事から
特注として作ったものなんだそうです。

Img_1993

Img_1994

矢澤金太郎先生の箪笥は
重厚感のあるヒノキで作られており
引き出し部分は桐が使われております。
とても箪笥として優れており
引き出しは、とても滑りが良く
見た目以上に、沢山のお着物や洋服を収納出来ます。

Img_1917

サイズ感も、飾り棚としてもお使い頂ける
調度良い高さになっておりますので
好きな敷物を引かれたり、オブジェなど
箪笥をお使いになられる度に
愉しんで頂けるのではないでしょうか。

矢澤金太郎 指物家具展は
7月8日(月)までの開催となります。
ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

KIRANA 落合祥子の『手』

Img_2040

初日から3日間
KIRANAの落合祥子さんが御在廊くださっておりました。

Img_2033

更紗は、王宮内で子女のみに許された高級技芸のひとつ。
純粋で落ち着いた忍耐を必要とされました。
先日、開催致しました戸津正勝先生は
王宮バティックのアンティークが中心でしたが
KIRANA落合祥子さんの更紗は
インドネシアの伝統布をベースに、
落合さんがデザインをされた原案をもとに
現インドネシアの凄腕の職人と共に
KRANAの作品が生まれます。

Img_2026

Img_2019

戸津先生曰く、落合祥子さんが
創り上げるバティックは
「空間の美」
日本人ならではの美の感性を取り入れつつ
インドネシアの伝統を壊さない
新しく美しい更紗として愛されております。

また、落合さんと更紗のお話をしていると
インドネシアの職人を絶やさない為にも
様々な試みを考え、頑張り続ける
心の底から更紗を愛する落合さんの熱意が
伝わってきます。

Img_2034

Img_2042

そんなお話を聞いたり、今までにない更紗に
上方銀花の更紗好きのお客様方は大興奮でした。

 

KIRANAの世界は
美しく魅力的な空間を創り出すのです。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

矢澤金太郎 指物家具展「飾り机」

Img_1909

 

現在、開催中の矢澤金太郎 指物家具展では
今回の目玉作品として「飾り机」を
ご出品くださいました。

 

Img_1937

 

この飾り机は、矢澤先生が
作りたい気持ちのまま
贅沢なデザインとなっております。

 

Img_1941

 

前面が曲面になっており
引き出し作りも特異なものに。

 

Img_2008

 

引き出しの取っ手が、
一枚の板から繰り出しているのも
見どころの一つでございます。

 

「格子の長椅子」同様、
矢澤金太郎先生の真骨頂の作品の一つです。

 

どこを切り取っても美しい「飾り机」は、今回の特別作品です。
ぜひ、この機会にご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

designer Shoko Ochiai   Batik pesisir KIRANA  ジャワ更紗と装飾小物

明日より開催致します
「designer Shoko Ochiai  
  Batik pesisir KIRANA  
   ジャワ更紗と装飾小物」
_mg_9619

1980年代、落合祥子氏が手掛ける
デザイナーブランド「KIRANA」が 創立され、
三越、高島屋で展覧会を経験し
インドネシアの伝統布をベースに、
オリジナルテキスタイルを制作されてきました。

_mg_9641_b

豊かで美しい染めの文化が発達してきたジャワ島北部海岸は、
海のシルクロードとして知られ、インド、中国、ペルシャなど
船が 行きかう交通の要衝でした。落合祥子氏のセンスが光る更紗は、
外来の モチーフを積極的に取り入れ、伝統的でありながら
独自の楽しい更紗の 華やかな絹のスカーフや、帯、ドレス、
アクセサリーに 優美なカゴバッグ等…

皆様に愉しんで頂けるものばかりです。
「KIRANAの世界」をお届けいたします。

ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

矢澤金太郎 指物家具展「格子の長椅子」

今展の為に作ってくださった
「格子の長椅子」

Img_1932

矢澤先生が独立されて最初に作った
記念すべき作品であり、先生の代表作です。

Img_1927

どっしりとした格子の長椅子は
お部屋に置くだけで存在感があります。
ゆったりくつろげる様に
座面は縁側の板張りをイメージし
木の温もりを感じながら
家族団欒の時間を過ごせます。

Img_1925

そして、真ん中にはセンターテーブルがあり
コーヒーを飲みながらテレビを見たり
お茶を飲みながら本を読んだり
色んな使い方ができるのも嬉しいところです。
また、センターテーブルを背へ収納すると3人座れます。

下には、収納が出来る引き出しもついていたりと
洗練された飽きの来ないデザインに
便利さも兼ね備えた「格子の椅子」は
上方銀花でも大人気の作品です。


ずっと作って頂きたかった
念願の「格子の椅子」を
この機会に、ぜひご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

«矢澤金太郎 指物家具展