2018年1月21日 (日)

松﨑融 お茶道具










そして、松﨑先生が作られた
朱漆・黒漆のお茶椀で点てたお抹茶は
木なので持った時の温かさや
まろやかで優しい口当たりに
陶器とは、また違った柔らかい感触でございました。



お茶道具を松﨑先生の作品で揃えられると
また一味違ったお茶をお愉しみ頂けると思います。




【松﨑融 木工展‐ことほぎの赤‐】は
明日22日(月)までの開催となりますので
ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

上方銀花 立礼式・お茶会2018 ①







本日は、2018年新年明けて初めての
上方銀花「立礼式・お茶会」を致しました。



上方銀花での立礼式のお茶会は
松﨑融先生が作ってくださった「塗分棚」から
「これでお茶会をしたら良いよ」という
先生の一言が上方銀花お茶会の始まり。




いつもなら3号店で開催しておりましたが
今回は、松﨑先生の個展中に
開催することになりましたので
お茶会用に設えを整え、ハッとするような
緊張感もありながら木の温もりを感じる作品に
囲まれての贅沢な空間のお茶会となりました。






お茶菓子は、お手製の練切「春霞」
春が待ち遠しい可愛らしい練りきりとなりました。
いつもお茶会の度に作ってくださり
毎回、皆様と一緒に美味しく舌鼓を打ちながら
お抹茶を頂きます。







そして、いつも素敵なお客様より
なかなか手に入らないという
宮城県仙台にある「九重本舗玉澤」さんの
「霜ばしら」を頂戴致しました。
今の季節にしか出会えないそうで
見た目も透き通るような白さに美しく
あっという間に口の中で消えて無くなる
優しい口どけで、とても上品な
お茶菓子でございました。
いつも、有難うございます。


本年も、毎月の素敵なひと時を
皆様と過ごしたいと思っております。
次回も、どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

松﨑融 木工展 -ことほぎの赤-




「松﨑融 木工展 -ことほぎの赤-」
では、大小様々な額を
お作りくださいました。
中には古布を入れており
古いモノまで調和する
松﨑先生ならではの風格ある作品です。

その昔、野球少年だった
松﨑融先生が作られた刳り貫きの額は
故・芹澤銈介氏の目に留まりました。

芹澤作品にひけをとらない
その物怖じしない作風で世間を驚かせた
華々しいデビューは今も語られています。






そして、上方銀花と松﨑融先生との出会いも
1つの「朱漆の額」でした。
その作品を見た時に
「素晴らしい作品と作家
に出会えた」というのが
第一声で、その時の興奮と感動は
今でも鮮明に覚えております。







松﨑先生の額は、
お部屋に1つ額を飾るだけで
多くの人を惹きつける力があり
一木から刳り出される作品は力強く
温かみを感じさせます。

今の時期には、
染疋田で描かれた「寿」を
お玄関に飾っておられる方もいらっしゃり
額一つで、色んな楽しみ方が出来ます。

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

松﨑融 木工展 -ことほぎの赤-




現在開催中の
「松﨑融 木工展 -ことほぎの赤-」





昨日まで、松﨑先生と奥様が
御在廊くださっており
初日から3日間
ファンの方が沢山お見えになられ
皆様、先生とお会い出来たことに
とても喜んでおられました。



お客様との会話の中で
作品に対する先生の思いをお聞きしたところ
「使い手の方には、こちらから作品について
「この使い方」をしてくださいと提案するのではなく
受け取った方が、どれだけ作品から
使い方を発想して愉しんでもらえるかが、
僕の仕事だと思っている。
そうでなければ、面白くないでしょ?」と仰る松﨑先生。

凝り固まってしまった考え方でなく
自由に発想してもらえる事が嬉しいのだそうです。






そんなお話を聞いてから、もう一度作品を見ますと
更に作品の見方が広がり、お客様と共に
とても楽しい時間になりました。


これから、御覧になられる方も
ぜひ、このように楽しみながらご高覧くださいませ。
きっと新たなものが見つかるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

松﨑融 木工展 -ことほぎの赤-

本日より開催致しました
【 松﨑融 木工展 -ことほぎの赤- 】
会期:2018.1/12(金)~1/22(月)


          
初日12(金).13(土).14(日)と
松﨑融先生もご在廊くださっております。




幾重にも塗り込められた松﨑融氏の赤は、
縄文の赤。太陽の赤。そして、日本の赤。
一木から刳り出される松﨑融氏の魂のかたちに
塗り重ねることでしか表現できない漆の美しさは
これまでに、私達を幾度となく魅了し続けてきました。
作品からは、力強さの中に
優しいぬくもり繊細さが伝わり
李朝がベースの形には、
神に捧げる祭器のように祈りの原型を感じます。
2018年新春に、松﨑融氏が
「寿ぎの赤」を皆様にお届けいたします。




今回は、力作揃い。
大作も沢山作ってくださいました。
ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

年末年始休廊期間のお知らせ



本年も、皆様には上方銀花をご愛顧くださいまして
心より感謝申し上げます。





誠に勝手ながら、
明日12月27日(水)~2018年1月8日(月)の期間
長めの年末年始の休業を頂戴致します。
メール等で頂戴致しましたお問い合わせへのご返信も、
申し訳ございませんが、
休業明けとなりますのでご了承くださいませ。
新年は9日(火)より、通常営業致しますので、
どうぞ宜しくお願い致します。


今年を振り返ってみると、慌ただしい1年だったと思います。
お陰様で、上方『銀花』も創業30年目を無事に終えて
31年目の今年は、全力でかけ走りました。

初心に戻り、これからも日本文化や、
未来あるアーティストにとって、
頼もしいギャラリーでありたいと切望致します。
これからもワクワクする空間で
あり続ける為の努力は惜しみません。
来年2018年も美術を通して幸せの発進が
出来るよう頑張ります。
皆様には、これからも引き続き上方『銀花』に
熱いご支援を、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。





また、1月12日(金)からは「松﨑融 木工展」を開催致します。
作品からは、力強さの中に、優しいぬくもり、
繊細さが伝わり李朝がベースの形には、神に捧げる祭器のように
祈りの原型を感じます。
松﨑融氏が、新春に「寿ぎの赤」を皆様にお届けいたします。





2018年も、皆様に楽しんで頂けるような展覧会を
沢山予定しておりますので、
ぜひお楽しみにしてくださいませね。

来年も沢山の素敵な作家・作品をご紹介出来ますよう・・・
皆様にとって幸多き年になりますよう・・・
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
まだまだ厳しい寒さが続いておりますが、
皆様くれぐれもお身体大切にお過ごしくださいませ。

よいお年をお迎えくださいませ!

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

クリスマスケーキ

本日は、クリスマスという事で
ラブリーで素敵なお客様から
可愛らしいケーキを頂きました。



「ヴィタメール」のクリスマスケーキ
ノエル・グラン ショコラです。
チョコレートでコーティングされた上には
鮮やかなツリーが乗っていて
食べるのが勿体ないほどです。
濃厚でビターな味わいが、口いっぱいに広がりました。




そして今年は、なんとスタッフが
チーズケーキを焼いて持ってきてくれました。
ベイクドチーズケーキで、レモンの酸味があり
こちらは、濃厚であり、
爽やかさも感じるチーズケーキで

皆、ペロッと2種類を食べてしまう程
美味しいケーキでした。




他の方からも美味しい贈り物を
頂いたりと、皆様の温かいお気持ちが
嬉しい気持ちでいっぱいでございます。
いつも有難うございます。

| | コメント (0)

2017年12月22日 (金)

矢澤金太郎 別注*小箪笥




矢澤金太郎先生の「別注・小箪笥」を
先日、納品しました。




お着物も収納出来るようにと
奥行きも広めにして頂き
引き出しを3段にする事で
ちょっとした飾り台にもなります。



引き出しの中は桐を使われておりますので
中のお着物や衣類が傷まないという所も
嬉しいポイントですね。

お客様は、組手の美しさから魅了され
長年、矢澤先生の指物家具を
いつか置きたいと夢見ておられたんだとか。
お部屋がいっぺんに魅力的な空間になり
とてもお喜びくださいました。

箪笥としては、コンパクトでありながら、
存在感のある小箪笥は、
和室には勿論のこと洋室にでも合います。



家具で印象がガラリと変わる
楽しいお部屋作りに如何でしょうか。
上方銀花では、常設で矢澤先生の家具を
展示しておりますので、ぜひ実際に
ご高覧くださいませ。

他にも、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

杉本貞光:作 「干支茶盌*戌」

杉本貞光先生より
来年2018年の為に作られた
干支茶盌が届きました。






干支・戌をモチーフに作られた
朝鮮唐津茶盌「阿吽」です。



「阿吽」は、インドより
仏教とともに中国・日本へ
伝えられたとされる
悉曇の字母の初めと終わりで、
阿は口を開いて出す音声
吽は口を閉じて発する音声

仁王や狛犬等は、一方は口を開き
一方は閉じた姿で表されており
阿吽の呼吸という言葉も
ここからきております。


その「阿吽」を表現された
杉本先生の干支茶盌は



「阿」
口が開いているところを
高台の丸で表され

「吽」
口を閉じたところを
一文字に書いた線で表されております。




黒い鉄釉に白い藁灰釉をかけて焼く
朝鮮唐津の風合いが風格がありながらも、
杉本先生だからこそ出来る
少し遊び心も取り入れた
素敵なお茶盌だと感じました。


来年の秋には個展も決まり
今から、どの様な展覧会になりますのか
楽しみでございます。
こちらの干支茶盌は、上方銀花で
ご高覧頂けますので
是非、おいでくださいませ。

| | コメント (0)

2017年12月15日 (金)

冬の上方まつり

【5日間限定 大感謝セール】




冬の上方まつり
会期:2017.12/15(金)~12/19(火)

2017年も残り僅かとなって参りました。
上方銀花は31年目を迎え、
初心を思い出しながら走り続けた1年でした。

素敵な1年の締めくくりとして、
年に2度しか開催しない、
感謝の気持ちを込めて、
皆様に楽しんで頂ける
”サプライズ”な大セールです。





陶磁器・漆器・ガラス・木工家具・絵画・彫刻
ジュエリー・服地…etc
■また、併せて呉服の大セールも開催致します!
(着物・帯・和装小物)

特別価格にてご提供させて頂きますので、
ぜひお遊びにいらしてくださいませ。

来年も、皆様にとって素敵な良き年へと
なりますように・・・
寒さ厳しき時柄、お身体ご自愛の程に。

| | コメント (0)

«冨長敦也 つながる彫刻展 Love Stone ProjectーKamigata Ginka