2020年1月30日 (木)

中田久美 人形展

Photo_20200130192601

中田久美先生の作品は、
女の子のお守りとして雛人形が
大人の女性にも人気でございます。
優美で温かな世界へ、皆様を誘います。

Photo_20200130192602

【 中田久美 人形展 】
会期:2020年01月31日(金)〜02月10日(月)

重目のちりめんを染め上げ、一針一針愛らしく
手刺繍を施され中田久美氏の雛人形は、
布ならではの柔らかな表情、丸みを帯びた
フォルムが穏やかな品の良さを感じさせてくれます。
また雛人形は 女性の御守りとして四季を通じて
古くから愛され続けております。

そして、市松人形は、お顔に胡粉を何度も塗重ね
仕上げ古裂や手染 めのちりめんの着物を着せ、
繻子の帯を締めた拘りの作品です。
今回は、雛祭りを前に雛人形を中心とした、
市松人形、可愛らしい 動物達の作品が並びました。
手刺繍とちりめんの魅力が生かされ、
優美で上品な中田氏の人形をぜひご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

松﨑融 木工展 ー寿ぎの赤ー


Fd45e7c7dffb43df8cf127e5da6384f8

B941843a04494e1fba151196aa205dab

現在開催中の

「松﨑融 木工展ー寿ぎの赤ー」は

連日、多くの松﨑先生ファンの方が

お越しくださっております。

 

また、明日126()27()

お忙しい中、松﨑先生が御在廊くださいますので

ぜひ、皆様お出でくださいませ。

 


 27b92cb96775413fb0d5e2cc308f03ef

30f98aa259a04e58b9d974227a56f9d4

今展では、特別に2019年に開催されました

「第93回・国展」にて

先生が、ご出品なさっておられた作品を

展示させて頂き、

力強い作品に囲まれた空間は、圧巻です。

 

残り2日となりましたが

皆様の御来廊を心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

【『徹子の部屋』結城美栄子先生 ご出演のお知らせ】

Img_0505

明日 1月22日(水) 12:00~
テレビ朝日『徹子の部屋』に結城美栄子先生と
姪である結城アンナさんがご出演されます。
今回、初共演だそうです!
https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0003/index.html

 

2020_20200121201801

今年の上方銀花の年賀状は、 オリンピックyearの2020年にふさわしい、
楽しくて躍りだしたくなるような愛らしくて
素敵な画は何かないかしら、、、 と、とても悩みました。
「お手元に届いたら飾りたくなるような」
「いつまでも手元に置いておきたいと思って頂けるもの」と
会議を積み重ね、皆一致で、大好きな結城美栄子先生に
お願い致しましたら、素晴らしい作品が届きました。

 

そんな素敵な作品を産み出し、アーティストであり、女優でもある
とっても優しくてステキなオーラの結城美栄子先生が
ご出演される『徹子の部屋』是非とも御高覧くださいませ。

 

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

松﨑融 木工展 ~寿ぎの赤~

Photo_20200116192401

いよいよ明日より、
上方銀花 2020年初めての個展を開催致します。

スタートを飾ってくださるのは
上方銀花の顔である松﨑融先生です。
沢山の力作が届きましたので、ぜひ多くの方に
お楽しみいただけましたら幸いです。


「松﨑融 木工展 ~寿ぎの赤~」
会期:2020年1月17日(金)~27日(月)

幾重にも塗り込められた松﨑融氏の赤は、縄文の赤。太陽の赤。
そして、日本の赤。一木から刳り出される松﨑融氏の魂のかたちに
塗り重ねることでしか表現できない漆の美しさはこれまでに私達を
幾度となく魅了し続けてきました。
作品からは、力強さの中に優しいぬくもり繊細さが伝わり李朝が
ベースの形には、神に捧げる祭器のように祈りの原型を感じます。
2020年、新春。松﨑融氏が「寿ぎの赤」をお届けいたします。
ぜひ、ご高覧くださいませ。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

本日より通常営業致しております

2020

新年 あけましておめでとうございます。

 

皆様は、良いお年をお過ごしに
なられましたでしょうか。
上方銀花は、長い年末年始休業を
頂戴しておりましたが
本日より、通常営業致しております。

 

Photo_20200111190001

そして2020年は
「松﨑融 木工展 ~寿ぎの赤~」で始まります。


作品からは、力強さの中に、優しいぬくもり、
繊細さが伝わり李朝がベースの形には、
神に捧げる祭器のように祈りの原型を感じようです。
新春に「寿ぎの赤」を
松﨑融氏が皆様にお届けいたします。
1月17日(金)~1月27日(月)に開催致しますので
どうか、楽しみに!

 

本年も笑顔溢れる幸せな年になりますように…
何卒、宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

年末年始休廊のお知らせ

Photo_20191226192201

本年も、皆様には上方銀花をご愛顧くださいまして
心より感謝申し上げます。

 

誠に勝手ながら、
2019年12月27日(金)~2020年1月11日(土)は
長めの年末年始の休業を頂戴致します。
メール等で頂戴致しましたお問い合わせへのご返信も
申し訳ございませんが、休業明けとなりますので
ご了承くださいます様 宜しくお願い申し上げます。
本年も、誠に有難うございました。

 

新年は12日(日)より、通常営業致しますので、
皆様の御来廊を心よりお待ち申し上げております。

 

Img_3425 また、2020年オリンピックイヤーは
「松﨑融 木工展 ~寿ぎの赤~」で始まります。

 

作品からは、力強さの中に、優しいぬくもり、
繊細さが伝わり李朝がベースの形には、
神に捧げる祭器のように祈りの原型を感じようです。
新春に「寿ぎの赤」を
松﨑融氏が皆様にお届けいたします。
1月17日(金)~1月27日(月)に開催致しますので
どうか、楽しみにお待ちくださいましたら幸いです。

 

 

来年も、オリンピック選手の方々の様に
目標に向かい、多くの方々に喜んで頂けるよう
上方銀花も走り続けたいと思いますので
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様にとりまして、笑顔溢れる幸せな年になりますよう
心よりお祈り申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

松本久子 バロックパールジュエリー展

現在開催中の松本久子
バロックパールジュエリー展では
素敵なネックレスも並んでおります。

Img_3364

 

Img_3374

Img_3372

Img_3370

Img_3325

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

松本久子  バロックパールジュエリー

斬新なデザインで魅了する
松本久子氏のバロックパールジュエリーは、
他にない1点ものばかりです。
上方銀花 初個展。本日よりXmas Collection開催です。

Photo_20191129175801

【松本久子  バロックパールジュエリー 】
会期:2019年11月29日(金)~12月10日(火)

2013

バロックパールのジュエリーデザイナーの
第一人者として、活躍されてこられた松本久子氏。
バロックパールの質や形の良さは、
パールに熟練した松本氏ならではのこだわりです。
パールの面白さ、美しさを活かすシンプルモダンで
他にないデザインは、バロックパールの可能性を
感じさせてくれます。エレガントからカジュアルまで
楽しめるXmasコレクションをぜひご高覧くださいませ。


| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

柳崇 染織の世界

Hp

本日より開催致しました
「柳崇 染織の世界」
上方銀花三十三周年記念
特別企画の第二段でございます。

Img_3186

そして、初日ということで
本日は、お忙しい中 柳崇先生が
特別に1日だけ御在廊くださり
お越しくださったファンの方々と
楽しいひと時を過ごされました。

Img_3167

蚕から糸を紡ぎ、一筋縄ではいかない
天然の染料で糸を染め上げ、機に掛けて織りだす
完成までの気の遠くなるような工程を気負わず
力まず静かな力で織り上げるのが
柳崇先生の仕事です。

Img_3170

「大変な作業ですね」と伺うと
「それが大変とは思わないのですよ。
それは、この仕事が好きだから。」とさらっと
語られた爽やかな崇先生の言葉が印象的でした。
令和元年、上方銀花33周年記念特別企画
今展の為に、柳崇先生の希少な作品を時間をかけて
何年も、何年も大切に集め続けた至極の作品が
お迎え致します。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

十時孝好の『手』

Img_3013

Img_3014

現在、先生は富士山の麓の丘陵地の頂上にある
自然あふれるアトリエで制作をされている十時孝好先生。

東京藝術大学の油画を卒業後
現代美術が華やかなニューヨークに渡り、
最前線の空気を取り入れながら
日本の美術界に颯爽とデビューしました。

そして、文化出版局 季刊誌「銀花」で
取り上げられる前から
十時先生の作品を追いかけ続けた
上方銀花のオーナーである神立にとって
十時先生は、憧れの存在でした。

Img_2866

Img_2991

十時孝好先生は作品について
「主体は、絵や彫刻であり
絵・彫刻そのものが
素晴らしいと思ってもらえるよう
人間の身近にあるいきものとして
ウサギやウマ、ネコ、イヌに表現し
言付けているんだよね。」と
仰っておられました。


Img_2879

Img_2999

ウサギであり
人間のようでもあり
でも、擬人化ではない。
絵として、木彫として良いものを生み出す為
素晴らしいと思ってもらえるものを
先生は、常に作り続けておられます。

 

 

| | コメント (0)

«十時孝好 USAGI