2019年12月 1日 (日)

松本久子 バロックパールジュエリー展

現在開催中の松本久子
バロックパールジュエリー展では
素敵なネックレスも並んでおります。

Img_3364

 

Img_3374

Img_3372

Img_3370

Img_3325

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

松本久子  バロックパールジュエリー

斬新なデザインで魅了する
松本久子氏のバロックパールジュエリーは、
他にない1点ものばかりです。
上方銀花 初個展。本日よりXmas Collection開催です。

Photo_20191129175801

【松本久子  バロックパールジュエリー 】
会期:2019年11月29日(金)~12月10日(火)

2013

バロックパールのジュエリーデザイナーの
第一人者として、活躍されてこられた松本久子氏。
バロックパールの質や形の良さは、
パールに熟練した松本氏ならではのこだわりです。
パールの面白さ、美しさを活かすシンプルモダンで
他にないデザインは、バロックパールの可能性を
感じさせてくれます。エレガントからカジュアルまで
楽しめるXmasコレクションをぜひご高覧くださいませ。


| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

柳崇 染織の世界

Hp

本日より開催致しました
「柳崇 染織の世界」
上方銀花三十三周年記念
特別企画の第二段でございます。

Img_3186

そして、初日ということで
本日は、お忙しい中 柳崇先生が
特別に1日だけ御在廊くださり
お越しくださったファンの方々と
楽しいひと時を過ごされました。

Img_3167

蚕から糸を紡ぎ、一筋縄ではいかない
天然の染料で糸を染め上げ、機に掛けて織りだす
完成までの気の遠くなるような工程を気負わず
力まず静かな力で織り上げるのが
柳崇先生の仕事です。

Img_3170

「大変な作業ですね」と伺うと
「それが大変とは思わないのですよ。
それは、この仕事が好きだから。」とさらっと
語られた爽やかな崇先生の言葉が印象的でした。
令和元年、上方銀花33周年記念特別企画
今展の為に、柳崇先生の希少な作品を時間をかけて
何年も、何年も大切に集め続けた至極の作品が
お迎え致します。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

十時孝好の『手』

Img_3013

Img_3014

現在、先生は富士山の麓の丘陵地の頂上にある
自然あふれるアトリエで制作をされている十時孝好先生。

東京藝術大学の油画を卒業後
現代美術が華やかなニューヨークに渡り、
最前線の空気を取り入れながら
日本の美術界に颯爽とデビューしました。

そして、文化出版局 季刊誌「銀花」で
取り上げられる前から
十時先生の作品を追いかけ続けた
上方銀花のオーナーである神立にとって
十時先生は、憧れの存在でした。

Img_2866

Img_2991

十時孝好先生は作品について
「主体は、絵や彫刻であり
絵・彫刻そのものが
素晴らしいと思ってもらえるよう
人間の身近にあるいきものとして
ウサギやウマ、ネコ、イヌに表現し
言付けているんだよね。」と
仰っておられました。


Img_2879

Img_2999

ウサギであり
人間のようでもあり
でも、擬人化ではない。
絵として、木彫として良いものを生み出す為
素晴らしいと思ってもらえるものを
先生は、常に作り続けておられます。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

十時孝好 USAGI

 

Img_2857

Img_2912

今回、大作としてお持ちくださった
大きな「こぶしの木」から作られたUSAGIは
可愛らしい白い花が毎年 咲いていたそうです。
木彫は、自然の力強さと優しさに包まれ
生命力に溢れています。

Img_2957

自然の流れを取り込む木彫ならではの
十時先生が生み出す作品は
どれも凛と真っすぐ見つめる瞳が魅力的で
私たちに何かを語りかけているようです。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

上方銀花33周年 パーティー 「十時孝好 USAGI」

 

Img_2908

「十時孝好 USAGI」初日。
憧れの十時孝好先生の個展開催と
上方銀花33周年のお祝いに
美味しくて美しい手料理やお菓子、
お花などを持ち寄り、
沢山のお客様が駆け付けて下さいました。

Img_2926

Img_2933

Img_2951

お料理はどれも、とても美味しく
アートの様に美しく盛り付けて下さり、
心の籠ったお祝いは本当に感謝しかありません。
本当にありがとうございます。

Img_2941

Img_2986

Img_2990

十時先生のお人柄もあり、本当に
時間が忘れるほどに楽しい会になりました。

Img_2916

Img_2900

また、十時先生がとっても喜んでくださり
2日間在廊の所、3日間も御在廊くださいました。
そして、最終日の11月11日(月)も
御在廊くださることが決定致しました。
皆様の御来廊を心よりお待ち致しております。

この度は、素晴らしい御縁と作品と
何よりも上方銀花のファンで
いつも応援してくださる方々に感謝申し上げます。

素敵な33周年のお祝いが出来ました。
有難うございます。

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

十時孝好 USAGI

Usagi    

上方銀花33周年記念特別企画・第一弾です。
十時孝好先生が生み出す凛と静かな佇まいのUSAGIは、
魅入るほど美しく、存在感があります。
先程、ようやく展示作業が終わり
このUSAGI達による空間に感動致しました。
十時先生は、明日・明後日御在廊くださいます。
ぜひ、ご高覧くださいませ。

Photo_20191031202601
【 十時孝好 USAGI 】  
会期:2019年11月01日(金)〜11月11日(月)

令和元年9月11日 上方銀花は
お陰様で33周年を迎えました。
昭和、平成、そして令和になっての記念展は
「十時孝好 USAGI」でお祝いをします。
遠い昔、十時氏の「USAGI」を前にして
その崇高な作品に言葉を失い立ち尽くしました。
あの時「USAGI」に出会った偶然が時を重ねて
幸せな必然となって再会出来ました。
そして“夢は必ず叶う”事を教えられました。

2019「USAGI」に ぜひ、会いに来てください。

ギャラリー上方銀花 神立順子

――――――――――――――――――――――――――

【略歴】
1948年 福岡県生まれ
1975年 東京芸術大学美術学部卒業
1977年 東京芸術大学大学院修了
1978年 東京芸術大学大学油画科助手
1979年 杜萌会結成(以後毎年出品)
1980年 安井賞展
1981年 渡米~‘83
ニューヨーク・プラットグラフィックセンター所属
1991年 韓日現代具象絵画展(ソウル)
1993年 名古屋芸大客員教授
1994年 十時孝好10年の軌跡展(富士宮市民文化会館)
1997年 オーベルジュ・オーミラドーパピヨン天井画をてがける
2004年 世界平和美術大展(上海)
2009年 国文祭参加(富士宮市)
2010年 名古屋芸術大学名誉教授

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

文楽 人形遣い 2代目・吉田玉男さん「三番叟」

Photo_20191021201101

先日もブログに書きましたが
10月22日「即位礼正殿の儀」の翌日23日に行われる
天皇ご即位の内閣総理大臣夫妻主催晩餐会。
その、海外からの賓客を接遇するための文化行事に
文楽の人形遣いである2代目・吉田玉男さんが
狂言の野村萬斎さん、歌舞伎の市川海老蔵さん
と共に、五穀豊穣ほうじょうを祈り、「三番叟」
を披露されます。
時代を超えて共存する日本の伝統文化の特徴を背景として、
その歴史的流れを表現されるそうです。

 

長年、玉男さんを応援し続けてきた上方銀花としては
発表されてから今日まで、楽しみに待っておりました。
ついに、この日が来たんだと私共までドキドキしております。

Photo_20191021201501

三番叟と言えば、
生前、底抜けに陽気な楽しい社長が
1998年に国立劇場で「三番叟」を披露した姿が
思い出として残っておりましたので
その時の三番叟をモチーフに描いた申を
2016年の年賀状にしました。
上方銀花にとっても、思入れのある演目です。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

上方銀花の臨時休廊のお知らせ

上方『銀花』の臨時休廊のお知らせです。

天皇即位礼正殿の儀のため、
明日10月22日(火)は
臨時休廊とさせていただきます。
お問い合わせの方は、
メール(kamigata@amber.plala.or.jp)にて
ご連絡ください。

ご迷惑をお掛けいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

そして、10月24日(木)より
通常営業致しております。
11:00-18:00 ※水曜休廊

皆様の御来廊を心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

Belpasso 捧恭子 靴コレクション展

Dm

本日より開催致しました
【Belpasso 捧恭子 靴コレクション展】

Img_2673

Img_2670

今回も、新作が多数届き美しい靴が並びました。
ぜひ、あなたにぴったりな靴を探しにお出でくださいませ。
先生は、10月27日(日)・28日(月)御在廊くださいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見て美しく履いて心地よい靴”を想いながら、靴を作り続けています。
今回は定番のパンプスや紐靴に加え、水辺に咲く花や、白樺の枝、
欅の落ち葉などをモチーフに制作いたしました。
イタリアの展示会でご好評頂きました、傘地ジャガードのサンダルや、
ウェディングのミュールなども、ご用意しております。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。 
                        Belpasso 捧恭子

| | コメント (0)

«創作料理「世沙弥」